J・J・エイブラムスら「LOST」クリエイター陣、セミヌード強要のエバンジェリン・リリーに謝罪 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月7日 > J・J・エイブラムスら「LOST」クリエイター陣、セミヌード強要のエバンジェリン・リリーに謝罪
メニュー

J・J・エイブラムスら「LOST」クリエイター陣、セミヌード強要のエバンジェリン・リリーに謝罪

2018年8月7日 17:00

エバンジェリン・リリー「アントマン&ワスプ」

エバンジェリン・リリー
Photo by Steve Granitz/WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米人気ドラマ「LOST」でケイト役を演じたエバンジェリン・リリーが、同ドラマの撮影中にセミヌードを数回にわたり強要されたと告白したことを受け、J・J・エイブラムスをはじめとする制作総指揮に名を連ねる面々が謝罪声明を発表した。

ことの発端は、現在全米公開中の「アントマン&ワスプ」に出演しているリリーが、「LOST」ファンのポッドキャスト「The LOST Boys」に出演したことだ。そのなかで、「シーズン3の現場でひどい経験をしたの」と告白。「セミヌードのシーンをやらされることになって、選択肢は与えられなかったの。それで、さんざん泣いてから、現場に戻り、結果的にはとても力強いシーンを演じることになった」

さらに、「シーズン4でも、ケイトが服を脱ぐシーンがまたあったの。そのとき、自分の好きなようにやらせてもらうように必死で抵抗した。でも、今回も自分の思い通りにならなかった。それで、決めたの。『こういうのは、今回で最後。連中がどんなシーンを書いたとしても、こっちは絶対に従わない。『LOST』ではもう2度と服を脱がない』って決めたの。実際、その通りになったわ」と続けた。

リリーのコメントが各メディアで報じられると、同作で企画・製作総指揮を務めたJ・J・エイブラムスは、デイモン・リンデロフジャック・ベンダーカールトン・キューズといった他の製作総指揮と連名で声明を発表。「彼女が『LOST』の撮影中に体験したことに深く謝罪したい」と明言。「まだ本人と直接連絡はできていませんが、心から申し訳ないと思っています。職場では誰も不安を感じるべきではなく、例外は存在しません」

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi