「ザ・シンプソンズ」でエミー賞受賞クリエイター、恋愛コメディでメガホン

2018年7月29日 17:00

デビッド・マーキン
デビッド・マーキン

[映画.com ニュース] 人気アニメ「ザ・シンプソンズ」でエミー賞を4度受賞しているプロデューサー・脚本家のデビッド・マーキンが、ベストセラー小説「The Hating Game(原題)」を映画化する新作で、監督を務めることがわかった。

米Deadlineによれば、サリー・ソーン著の原作は、情にもろいルーシー・ハットンと薄情で優秀なジョシュア・テンプルトンが主人公。自分の倫理観を曲げずに仕事での成功を目指すルーシーは、ライバルのジョシュアと職場で火花を散らすが、次第にジョシュアに惹かれ始めたことから、事態がややこしくなるというコメディだ。

マーキンはこれまで、ミラ・ソルビノリサ・クドロー主演「ロミーとミッシェルの場合」や、シガニー・ウィーバージェニファー・ラブ・ヒューイット主演「ハートブレイカー」などを監督している。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース