久本雅美、己を封印してキャリアウーマン熱演「歯ぐき隠すのに必死だった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月28日 > 久本雅美、己を封印してキャリアウーマン熱演「歯ぐき隠すのに必死だった」
メニュー

久本雅美、己を封印してキャリアウーマン熱演「歯ぐき隠すのに必死だった」

2018年7月28日 14:20

舞台挨拶を盛り上げた久本雅美、 板野友美ら「イマジネーションゲーム」

舞台挨拶を盛り上げた久本雅美、
板野友美ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] タレントの久本雅美と歌手の板野友美がダブル主演する映画「イマジネーション・ゲーム」が7月28日に封切られ、2人は東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で初日舞台挨拶を行った。

久本は還暦での映画初主演で、厳格なキャリアウーマンという役どころ。「一切、久本雅美を出すなと言われた、怖いキャリアウーマンの満たされない思いを見せる複雑な役。油断すると久本雅美が出ちゃうから、歯ぐきを隠すのに必死だった」と自虐を込めて振り返った。

映画にはネットの書き込みで「ババア」と非難されるシーンがあるが、こっそり客席で見ていた久本は「もっと笑ってほしかった」と不満げ。そして、「いかんせんババアですから、皆納得したようですが、深く傷ついております」と苦笑した。

それでも、部下役の仙石みなみは「よーい、スタートがかかるまでは明るく楽しい久本さんだったけれど、本番では怖い剣幕で怒ってくれたので、こっちも負けないぞと思えた」と感謝。久本は、「あれえ、女優魂、見せちゃったかな」と機嫌を直していた。

一方、あるゲームを通して久本と知り合い人生を見つめ直していく主婦役の板野は「すごく大好きな映画です」と笑顔。「女性の幸せについて、何らかの問いかけをしているので、それぞれの答えを探してもらいたい。いろいろな人の背中を押せる作品になればいいな」と期待を込めた。

公開を記念し、畑泰介監督が女優陣に花束を贈呈。その中で、久本の花束だけが映画のキーアイテムであるパンティーで作られた特注品で、「はーい、欲しい人。2000円から」と早速オークションにかけ、会場を笑いに包んだ。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報