「青夏」葵わかな&佐野勇斗、高校の終業式にサプライズ登場!生徒1200人にエール : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月24日 > 「青夏」葵わかな&佐野勇斗、高校の終業式にサプライズ登場!生徒1200人にエール
メニュー

「青夏」葵わかな&佐野勇斗、高校の終業式にサプライズ登場!生徒1200人にエール

2018年7月24日 12:00

終業式にサプライズで登壇した葵わかな&佐野勇斗「走れ!T校バスケット部」

終業式にサプライズで登壇した葵わかな&佐野勇斗
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 南波あつこ氏の人気漫画を実写映画化する「青夏 きみに恋した30日」のイベントが7月24日、東京・淑徳巣鴨中学高等学校で行われ、ダブル主演の葵わかな佐野勇斗が出席。同校体育館で終業式が実施されている最中に、2人がステージ上にサプライズ登場した。

恋と嘘」「走れ!T校バスケット部」などの古澤健監督がメガホンをとり、夏休みを田舎で過ごすことになったイマドキ女子高生・理緒(葵)と、地元のクール系イケメン・吟蔵(佐野)の恋を描く。2人の登場には生徒約1200人から爆発的歓声があがっており、佐野は「高校生のパワー! 若い声がいいですね」と頬を緩めた。

この日から夏休みが始まるだけに、2人は「今回が佐野くんとは2度目の共演。前回は中学の合唱部の映画を撮っていて、(撮影期間中は)部活をする夏休みの体験をしました」(葵)、「高校1年生のときに、ニュージーランドにホームステイしました。それが一番楽しかったです」(佐野)と自身の思い出を告白。葵は「私の学生時代はあまり思い出に残る夏休みを過ごせていませんでした。家にずっといたくらい(笑)。ぜひ皆さんには8月1日に本作を見ていただいて、外に出て、夏を感じて遊んでほしいです」と呼びかけ、佐野も「僕は正直、夏休みはめっちゃ遊んでいました。でも高3は(受験のため)死に物狂いで勉強していました。高3の皆さん、今が勝負どころ。頑張ってください。先生方の前ですが、高1、高2の人は、宿題を終わらせられる程度に遊んでください」とエールを送っていた。

また葵は「(映画は)胸キュンシーンが多い。図書室で突然告白するとか、そういうのは恥ずかしかったですね」と明かし、劇中の胸キュンシーンを再現することに。佐野が去ろうとする葵の腕をとり、「おまえ、俺のこと好きなんじゃねーのかよ」と言い放つと、場内を「ギャー!」という悲鳴が包み込んでいた。

さらに壇上では、6人の生徒が参加する「花火に葵&佐野を誘う」チャレンジコーナーが実施。葵&佐野は、それぞれの誘い文句を受けるたびに満面の笑顔を浮かべるなど、イベントを大いに楽しんでいた。「青夏 きみに恋した30日」は、8月1日から全国公開。

(映画.com速報)
恋と嘘 Blu-rayコレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 恋と嘘 Blu-rayコレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,443 マンガアプリ「マンガボックス」で連載されたムサオ原作の同名人気マンガを実写映画化。森川葵、北村匠海、佐藤寛太らが出演。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報