マイケル・ケネス・ウィリアムズら、米セントラルパーク・ジョガー事件のドラマ化企画に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月23日 > マイケル・ケネス・ウィリアムズら、米セントラルパーク・ジョガー事件のドラマ化企画に主演
メニュー

マイケル・ケネス・ウィリアムズら、米セントラルパーク・ジョガー事件のドラマ化企画に主演

2018年7月23日 21:30

マイケル・ケネス・ウィリアムズ、ベラ・ファーミガ、ジョン・レグイザモ

マイケル・ケネス・ウィリアムズ、ベラ・ファーミガ、ジョン・レグイザモ
Photo by Dominique Charriau/WireImage/Getty Images、
Photo by Dia Dipasupil/Getty Images、
Photo by Jenny Anderson/Getty Images for The American Theatre Wing
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 黒人5人が不当逮捕されたえん罪事件、セントラルパーク・ジョガー事件を、エバ・デュバーネイ監督がNetflixでドラマ化する新作「Central Park Five(原題)」に、マイケル・ケネス・ウィリアムズベラ・ファーミガジョン・レグイザモが主演することがわかった。

セントラルパーク・ジョガー事件とは、1989年にニューヨークのセントラルパークでジョギング中の白人女性トリシャ・メリルを強かんしたとして、ハーレム出身の黒人の若者5人が不当逮捕された事件。5人は潔白を主張したが、警察の圧迫尋問により罪を認め、実刑判決を受けた。その後、別件で逮捕された男マティアス・レイエスが89年の事件の真犯人だと自白したことから、冤罪で服役していた5人は自由の身となり、ニューヨーク市との裁判の末、2014年に賠償金を獲得した。

米ハリウッド・レポーターによれば、ドラマは4話構成のミニシリーズで、ウィリアムズが不当逮捕されたアントロン・マクレイの父ボビー・マクレイ役、レグイザモが同じく不当逮捕されたレイモンド・サンタナ・Jr.の父レイモンド・サンタナ・Sr.役、ファーミガがニューヨークの地方検事補で事件を担当した首席検事エリザベス・レデラー役を演じる。

デュバーネイが脚本・監督・制作総指揮を手がけ、オプラ・ウィンフリーも制作総指揮に名を連ねる。2019年に配信の予定。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi