福士蒼汰×杉咲花、実写「BLEACH」の“重圧”が“手応え”に変わる瞬間 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月19日 > 福士蒼汰×杉咲花、実写「BLEACH」の“重圧”が“手応え”に変わる瞬間
メニュー

福士蒼汰×杉咲花、実写「BLEACH」の“重圧”が“手応え”に変わる瞬間

2018年7月19日 15:00

和やかにインタビューに応じた福士蒼汰&杉咲花「BLEACH」

和やかにインタビューに応じた福士蒼汰&杉咲花
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 現在の日本映画界を語るうえで、“実写化”は避けては通れない。特に昨今は、ワーナー・ブラザース映画が相次いで世に放った「銀魂」「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」「鋼の錬金術師」など、実現不可能と思われてきた大人気漫画の実写化が目立った。そして同社がおくる「BLEACH」(佐藤信介監督)が、製作決定の報から約2年が経過した7月20日、満を持して公開を迎える。撮影現場に立った主人公・黒崎一護役の福士蒼汰、そして朽木ルキア役の杉咲花の両肩には、“全世界1億2000万部発行の大人気原作”という、かつてない重圧がのしかかっていた。(取材・文/編集部、写真・間庭裕基)

霊が見える以外は普通の高校生・黒崎一護(福士)が、突然現れた「死神」朽木ルキア(杉咲)から「死神の力」を授けられ、人の魂を食う悪霊・虚(ホロウ)と戦うさまを描いたバトルアクション・エンタテインメント。福士は主演のオファーを受けた際を、こう振り返る。「驚きとプレッシャー。責任の重さがまずあって。でも、楽しみでした。一護という役は、それほど魅力的でした」。

杉咲も「私もプレッシャーがありました。ルキアを演じさせてもらえる嬉しさもありましたが、それよりもドキドキのほうが大きかったです」と声をそろえる。“原作もの”を多く経験し、そのたびに一回り大きく成長し自身の糧にしてきた2人だが、今作の重圧には、やはり不安が多分に含まれる複雑な感情を抱かざるを得なかった。


画像2

[拡大画像]

2人の共演というと、ワーナー・ブラザース映画が沙村広明氏の漫画を映画化した「無限の住人」(2017)が記憶に新しい。福士は「良い悪いではなく『無限の住人』と今回はまったく違うものでした。『無限』では主演ではなく、木村拓哉さんの敵役。しかし今回は主演です。責任や『こうしなければいけない』という気持ちがあり、そういう意味で違うものなんです。今回、主役としていることが大きなポイントで、どんな場面でも、なにがあってもいろんな人の期待を自分が“背負う”覚悟をしなければいけない。大きいです。背負いきれない。そう思いながら背負っていました」と、率直な胸中を告白する。

一方の杉咲は、「原作があってもなくても、ひとつの作品に対する緊張感や思いは、自分のなかでは変わらないつもりです」と明かす。杉咲にとって重圧は“常に感じる”ものであり、その緊張感こそが芝居に力を付与しているという。ただ、アクションについては「今回のルキアは剣を握ることに慣れている役どころなので、もっと練習をしなければと思っていました」「一護とルキアの特訓シーンは本当に難しくて。『合うように調節しながらやってね』と言われるんですが、私は手順をやることに精一杯で、調節をどうすればいいかわからなくって……。何度も本気で、力づくでやってしまって、危なっかしかったです(笑)。とにかく慣れていなかったので、迷惑かけっぱなしで、何度福士さんを怪我させてしまうかと、ヒヤヒヤドキドキしっぱなしでした」といい、福士と笑顔を見合わせた。

そんな杉咲のひたむきな姿勢が、福士に与えた力は大きかったのだろう。福士は「『無限の住人』で共演する前から知っていましたし、共演もさせて頂きましたが、今回は一緒にいる時間がより長かったので、たくさん話して、たくさん笑いました」と話し、ほほ笑みながら慈愛に満ちた眼差しを向ける。杉咲が「いままでで一番話しましたね。私、福士さんとの共演が一番多いんです。5回くらい。でも、ここまで向き合う役は初めてでした。すごく優しくしていただいて、お世話になりました」と感謝すると、「こちらこそ。今までよりも深い話ができたし、お芝居を通じて感じる部分もありました」と応じていた。


画像3

[拡大画像]

現場で感じることを丁寧につかみとり、カメラの前で衒(てら)いなく発揮し続けた日々。重圧に押しつぶされているだけでは、ファンは納得しない。作品づくりに真摯に取り組むことで、さまざまな不安が“手応え”に変わる瞬間が、確かにあったという。

杉咲「ずっと不安は抱えていましたが、スタッフさんたちも責任を背負って、私にたくさん教えてくださっていることもずっと感じていました。スタッフさんを信じ、委ねることを大事にしていくうちに、安心感が増えていきました。また、ルキアとしての感情をちゃんと理解できるか、というのも自分の課題でした。一護と過ごす時間で生まれてくるものを、全部見逃さないように。すべてのシーンを撮り終えた時に、『ちゃんと一護と向き合えていたのかな』と思うと、そこでホッとしたというか。ルキアとして過ごせてきたと感じ、不安はなくなっていました」

福士「自分も、不安はずっとありました。言ってしまえば、今でもあるくらいです。“不安がないとき”はいつだったかと考えてみたら、“芝居をしている瞬間”だったんです。目の前の人と一緒の空間にいるとき、それはなくなっていました。終わったらまた不安になって、『大丈夫だったかな?』とか思うんですけど(笑)」

(映画.com速報)
無限の住人[Blu-ray/ブルーレイ] 無限の住人[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,772 木村拓哉と三池崇史監督がタッグを組み、沙村広明原作の人気時代劇コミックを実写映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi