唐沢寿明、テレ東のドラマ2本に“連続主演”「攻めたことをやっていきたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月17日 > 唐沢寿明、テレ東のドラマ2本に“連続主演”「攻めたことをやっていきたい」
メニュー

唐沢寿明、テレ東のドラマ2本に“連続主演”「攻めたことをやっていきたい」

2018年7月17日 19:00

「あまんじゃく」場面写真「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」

「あまんじゃく」場面写真
(C)テレビ東京
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の唐沢寿明が、テレビ東京のドラマ2本に主演することがわかった。秋の特別ドラマ「あまんじゃく」と、10月クールの月曜ドラマ「ハラスメントゲーム」。両作で正反対ともいえる役どころに挑む唐沢は、「攻めたことをやっていきたいと常に思っています」とコメントを寄せている。

「あまんじゃく」は、唐沢自身が長年映像化を熱望していた、藤村いずみ氏による同名小説が原作。元外科医の殺し屋・折壁嵩男(唐沢)が、医学知識を応用した鮮やかな手口で完全犯罪を遂行していく姿を描く。演出は「99.9 刑事専門弁護士」の木村ひさしが手がけ、息もつかせぬスリリングなエンタテインメントが展開していく。

そして「ハラスメントゲーム」は、セクハラやパワハラなどの“ハラスメント”が題材。老舗スーパーマーケット企業に設立された“コンプライアンス室”の室長・秋津渉(唐沢)が、社内で起こるハラスメント問題を奇抜なアイデアで解決していく模様を映し出す。脚本は「BG 身辺警護人」の井上由美子が執筆し、演出は「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」シリーズの西浦正記が務めている。

元外科医の殺し屋と、ハラスメント問題に立ち向かう会社員。連続して2つの役どころに臨む唐沢は「数年前から、テレビ東京の番組が面白いと思っていました。攻めていて、今、勢いがあるテレビ東京に目が行きますし、自分自身も攻めたことをやっていきたいと常に思っています」と述べ、「普通にやるのではなくて、見ている人が面白いと思えるものを作りたい。そこはこだわりたいところです。特番、連ドラどちらも面白いです。連続して面白いものにしたいなと思っていますので皆様、ご期待ください」と呼びかけた。

プロデューサーの田淵俊彦氏は、「コンプライアンスに真っ向から反するような『元外科医の殺し屋役』をやってもらった俳優さんに、間髪入れずに『コンプライアンスやハラスメントを取り締まる役』をやらせてしまう……。この奔放さがテレビ東京だ。2つのドラマの共通点は、人間の『欲』や『業』。こんな尖がった企画を通してくれたテレビ東京の懐の深さにも感謝したい。以上のように、振り切った、奔放でゴージャス、かつ痛快な唐沢エンタテインメントをぜひ、堪能して頂きたい」と明かしている。「あまんじゃく」は今秋に放送され、「ハラスメントゲーム」は10月からスタートする。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報