仏版「シェイプ・オブ・ウォーター」とも言われる映画「HOSTILE」9月日本公開決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月13日 > 仏版「シェイプ・オブ・ウォーター」とも言われる映画「HOSTILE」9月日本公開決定
メニュー

仏版「シェイプ・オブ・ウォーター」とも言われる映画「HOSTILE」9月日本公開決定

2018年7月13日 21:00

異形のものと人間の女性の悲しい愛の物語「HOSTILE ホスティル」

異形のものと人間の女性の悲しい愛の物語
(C)French Post Apocalyptic Film
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2017年のシッチェス・カタロニア国際映画祭で観客賞を受賞するなど、各国の映画祭で話題を集めたフランス映画「HOSTILE ホスティル」が9月、日本公開されることが決定。日本版ポスタービジュアルと予告編が披露された。

爆発的な伝染病によってわずかな人類だけが生き残り、夜になると出現する未知のクリーチャーが人間たちを狩る世界を舞台に、事故に遭って怪我を負い、荒野の真ん中に取り残されてしまった女性ジュリエットが、生き残りをかけてさまよう。異形のクリーチャーがはびこる世界で繰り広げられるヒロインのサバイバルを、超自然的なドラマにロマンスの要素も散りばめて描き、フランス版「シェイプ・オブ・ウォーター」とも言われる一作。ポスタービジュアルと予告編にも、事故で重症を負ったヒロインとクリーチャーの死闘を描いたサバイバルホラーに、恋愛ドラマの要素を想起させる場面も描かれている。

クエンティン・タランティーノクリント・イーストウッドリュック・ベッソンらのもとで助監督を務めてきたフランスの新鋭マチュー・テュリが長編初メガホンをとり、「フロンティア」「コールド・スキン」などサバイバルホラー、スリラーのジャンルで定評のあるザビエ・ジャンが製作総指揮。ジュリエット役を新進気鋭のブリタニー・アシュワースが務め、「MAMA」「クリムゾン・ピーク」「死霊館 エンフィールド事件」といった数多くのホラー映画に出演する痩身の俳優ハビエル・ボテットが、恐怖と哀愁漂う演技で、重要な役どころを担うクリーチャーに命を与えた。9月15日から、シアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開。

(映画.com速報)
シェイプ・オブ・ウォーター オリジナル無修正版 2枚組ブルーレイ...[Blu-ray/ブルーレイ] シェイプ・オブ・ウォーター オリジナル無修正版 2枚組ブルーレイ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,227 ギレルモ・デル・トロが監督・脚本・製作を手がけ、2017年・第74回ベネチア国際映画祭の金獅子賞、第90回アカデミー賞の作品賞ほか4部門を受賞したファンタジーラブストーリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi