吉川晃司の「馬が合う」ねぎらいに上地雄輔「おやじギャグに聞こえた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月9日 > 吉川晃司の「馬が合う」ねぎらいに上地雄輔「おやじギャグに聞こえた」
メニュー

吉川晃司の「馬が合う」ねぎらいに上地雄輔「おやじギャグに聞こえた」

2018年7月9日 21:15

吉川晃司と上地雄輔「天国から来た男たち」

吉川晃司と上地雄輔
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歌手で俳優の吉川晃司とタレントの上地雄輔が7月9日、WOWOWの連続ドラマW「黒書院の六兵衛」の都内で行われた完成披露試写会で舞台挨拶に登壇した。

直木賞作家・浅田次郎氏の同名小説が原作の時代劇で、吉川にとっては映画「天国から来た男たち」以来17年ぶりの主演作。江戸城無血開城の折、己の信念で城内に居座り続けた寡黙な御書院番士役に挑み、「セリフがない分、所作や立ち居振る舞いで見せなければいけなかったので、体幹と筋力トレーニングが撮影の合間にもずっとあった。筋力勝負でした」と振り返った。

流鏑馬(やぶさめ)も「人にやってもらったら自分の役じゃなくなるから、俺は全部やるって言っちゃう」と信念を吐露。そして、「時代が移り変わっても、残すべき美しいものがある。時代劇ではあるけれど、なるほどなとなった時に我々の未来につながるものがあるはず」と自信ありげに話した。

官軍側の下級藩士役で、吉川の心情をもセリフにして表現する上地については、「2人分だから、落語か1人禅問答をしている感じだった」と評価。それでも、「アスリート出身だから、多くを語らずともリズム感、馬が合ってやりやすかった」とねぎらった。

だが、上地は「馬が合うの後だと、おやじギャグに聞こえた」と爆笑。吉川は、「おまえ、キャッチャーだろ。女房役なのに、全然受けていないじゃないか」と不満たらたらだ。しかし、上地が「どんな長ゼリフも怖くなくなった」とアピールすると、「ベラベラしゃべる役ばっかりくるぞ。テレビ局の皆さん、長ゼリフの役をお願いします」と愉快げにツッコんでいた。

また、吉川は広島出身ということもあり、西日本豪雨の被害者に対し「亡くなられた方のごめい福を心よりお祈り申し上げます。また、避難生活を続けている方々が1日も早く元の生活に戻れるよう祈っています」と気遣った。

「黒書院の六兵衛」は7月22日スタート、毎週日曜午後10時から全6話が放送される。

(映画.com速報)
天国から来た男たち[DVD] 天国から来た男たち[DVD] 最安価格: ¥4,061 フィリピンの刑務所を舞台に、そこに投獄された日本人囚人たちの生き様を描くコメディ。三池崇史監督作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi