「止められるか、俺たちを」予告完成! 曽我部恵一の主題歌「なんだっけ?」初披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月5日 > 「止められるか、俺たちを」予告完成! 曽我部恵一の主題歌「なんだっけ?」初披露
メニュー

「止められるか、俺たちを」予告完成! 曽我部恵一の主題歌「なんだっけ?」初披露

2018年7月5日 05:00

“本物の映画を作っていた”人々の物語「止められるか、俺たちを」

“本物の映画を作っていた”人々の物語
(C)2018若松プロダクション
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 白石和彌監督がメガホンをとり、主演・門脇麦、共演に井浦新を配して製作された「止められるか、俺たちを」の予告編を、映画.comが先行入手した。「こんなにも命懸けで、こんなにもバカで愛おしい時間が、本物の映画を作っていた」というテロップ、曽我部恵一が書き下ろした主題歌「なんだっけ?」の軽快なメロディが印象的な仕上がりだ。

本作は、2012年10月17日に若松孝二監督が死去してから約5年半、若松プロダクション再始動の第1弾として製作。1969年、「何者かになること」を夢見て、若松プロダクションの門を叩いた助監督・吉積めぐみ(門脇)の眼差しを通し、「ここではないどこか」を探し続けた映画人たちの怒涛の生きざまを描く。

お披露目された予告編では、「ピンク(映画)の助監督って、女じゃ無理?」と話すめぐみが若松プロダクションに参加する光景を活写。若松孝二(井浦)の「緊張して仕事しろ!」と檄(げき)が飛ぶ白熱の撮影、名匠・大島渚高岡蒼佑)との交流、作品の内容を巡るいさかいなどを経て、めぐみは「私自身が次々と変わってる。完結されないし、完結を望んでもいない」と胸中を明かす。やがて、映画製作に情熱を傾ける若松の「本気でやらないとな、何にも変わらないんだよ!」という心に突き刺さるメッセージが挿入される。

本作の音楽を担当した曽我部は「思いがけない形で若松孝二と再会した。ぼくが影響を受けてきたのは若松映画そのものだけではなく、若松監督の物作りの姿勢だったんだと今回再確認した。当初はあえて客観的に音楽をつけようと思っていたけれど、いつのまにか若松宇宙の中に取り込まれて、夢中で作曲していたんだ」と告白。また、作品をいち早く鑑賞したリリー・フランキー崔洋一監督のコメントも到着し「僕にとっての、最高の青春映画の答え合わせ」(リリー)、「なんと、滑稽で、バカで、クズで、最低の奴ら……そして、世界で一番哀しい者たちよ、俺は君たちを誇りに思う」(崔監督)と感想を述べている。

止められるか、俺たちを」は、10月13日から東京・テアトル新宿ほか全国順次公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

東京360分[DVD] 東京360分[DVD]最安値: ¥3,909 青い車 スタンダード・エディション[DVD] 青い車 スタンダード・エディション[DVD]最安値: ¥2,571 無政府主義的恋愛[DVD] 無政府主義的恋愛[DVD]最安値: ¥2,571
NAKED SONGS[DVD] NAKED SONGS[DVD]最安値: ¥2,571 孤狼の血[Blu-ray/ブルーレイ] 孤狼の血[Blu-ray/ブルーレイ]最安値: ¥3,819 サニー/32[DVD] サニー/32[DVD]最安値: ¥3,772
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi