【国内映画ランキング】「ハン・ソロ」首位スタート!「万引き家族」は興収30億突破 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月2日 > 【国内映画ランキング】「ハン・ソロ」首位スタート!「万引き家族」は興収30億突破
メニュー

【国内映画ランキング】「ハン・ソロ」首位スタート!「万引き家族」は興収30億突破

2018年7月2日 19:30

初登場1位の「ハン・ソロ」「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」

初登場1位の「ハン・ソロ」
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース]  6月30日~7月1日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。北米興行で低調な滑り出しを伝えられていた「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」が、初登場1位スタートを切った。同作は、「スター・ウォーズ」シリーズの知られざる物語を明らかにする本シリーズからのスピンオフ第2弾。6月29日から公開され、土日2日間で観客動員37万5293人、興行収入4億9938万円を稼ぎ出した。これは2016年12月に公開され、最終興収46.3億円を記録した第1弾「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」の興収比76.5%の成績。公開3日間では動員48万6380人、興収6億5825万円をあげた。客層はこれまでのスター・ウォーズファンはもちろん、親子連れやカップル、小中学生の男子グループや年配まで幅広い層が詰め掛けており、最終興収25億円以上が期待できるスタートを切った。

3週連続首位だった「万引き家族」は2位に後退。週末2日間で動員19万人、興収2億2400万円を稼ぎ、累計興収は30億円を突破した。3位には「空飛ぶタイヤ」が続き、週末2日間で動員13万2000人、興収1億5500万円をあげ、累計興収は11億円を超えている。

新作では他に、「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」が4位に初登場。同作は、やなせたかし原作の国民的アニメの劇場版30作目。全国208スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員11万2116人、興収1億2108万0500円をあげた。これは昨年同時期に公開され、最終興収5.4億円を記録した前作「それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!」の興収比137.6%の成績。最終興収5.5億円を記録した一昨年公開の28作目「それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ」を超えて、最終興収6億円が見込まれる歴代最高のスタートとなった。

5位には「パンク侍、斬られて候」がランクイン。芥川賞作家・町田康が04年に発表した異色時代小説を綾野剛主演、宮藤官九郎脚本、石井岳龍監督で映画化したエンタテインメント作品だ。

なお、6位「50回目のファーストキス」は累計興収が10億円、7位「名探偵コナン ゼロの執行人」は84億5000万円を突破した。

(映画.com速報)
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,500 「スター・ウォーズ」シリーズの「エピソード3 シスの復讐」と「エピソード4 新たなる希望」をつなぐ、これまで語られることのなかった物語を映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi