手抜きをするな、女たちよ――小泉今日子「食べる女」特報&ビジュアル完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月29日 > 手抜きをするな、女たちよ――小泉今日子「食べる女」特報&ビジュアル完成
メニュー

手抜きをするな、女たちよ――小泉今日子「食べる女」特報&ビジュアル完成

2018年6月29日 12:00

公開日は9月21日に決定「食べる女」

公開日は9月21日に決定
(C)2018「食べる女」倶楽部
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 小泉今日子主演で、筒井ともみ氏の小説を映画化する「食べる女」が、9月21日から公開されることが決定。あわせて、今にも割れ落ちそうな生卵を写し「例えばセックスも味覚だと思う。」というセンセーショナルなコピーを添えたティザービジュアル、劇場版特報もお披露目された。

失楽園」などの脚本で知られる筒井氏の「食べる女」「続・食べる女」(2冊の内容を収めた「食べる女 決定版」が8月末刊行予定)を基に、小泉のほか沢尻エリカ前田敦子広瀬アリス山田優壇蜜シャーロット・ケイト・フォックス鈴木京香が豪華共演し映画化。年齢、職業、価値観もさまざまな8人の女性の日常を通して、“食”と“性”の本来のあり方、“自分を味わいつくす”ことの大切さを描く。

特報映像は、茶碗に盛った白米の上に生卵が落とされるシーンからスタート。続けて、古書店「モチの家」の女主人・餅月敦子(小泉)、編集者・小麦田圭子(沢尻)、制作会社のアシスタントプロデューサー・白子多実子(前田)、古着ショップ店員・本津あかり(広瀬)、「BAR ロマ」の手伝い・茄子田珠美(山田)、2児の母・米坂ツヤコ(壇蜜)、料理のできない主婦の豆乃・リサ・マチルダ(ケイト・フォックス)、ごはん屋「道草」の女将・鴨舌美冬(鈴木)の姿を活写。恋や仕事に悩む彼女たちが、美味しそうな“卵かけごはん”をほお張っている様子が連続する。

また、卵かけごはんを“食べる女”たちの映像には、敦子のセリフが重なる。「人ってね、おいしいごはん食べてる時と、愛しいセックスしてる時が一番、暴力とか差別とか争い事から遠くなる。セックスは相手がいないとできないけど、ごはんはいつでもできる」と話した後、「だから、手抜きをするな、女たちよ」と言葉を投げかけている。

食べる女」は、生野慈朗監督がメガホンをとり、ユースケ・サンタマリア池内博之勝地涼笠原秀幸小池徹平間宮祥太朗遠藤史也、RYO(ORANGE RANGE)、PANTA(頭脳警察)、眞木蔵人も出演する。9月21日から全国公開。

(映画.com速報)
失楽園[DVD] 失楽園[DVD] 最安価格: ¥2,000 渡辺淳一のベストセラー小説の映画化。役所広司、黒木瞳らが共演。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi