「スポットライト」トム・マッカーシー監督、話題沸騰のポッドキャスト番組を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月24日 > 「スポットライト」トム・マッカーシー監督、話題沸騰のポッドキャスト番組を映画化
メニュー

「スポットライト」トム・マッカーシー監督、話題沸騰のポッドキャスト番組を映画化

2018年6月24日 21:00

トム・マッカーシー監督「スポットライト 世紀のスクープ」

トム・マッカーシー監督
Photo by Theo Wargo/Getty Images
for Nantucket Film Festival
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞作品賞・脚本賞を受賞した「スポットライト 世紀のスクープ」のトム・マッカーシー監督が、大ヒットしたポッドキャスト番組「S-Town」を映画化する企画のメガホンを検討していることがわかった。

「S-Town」は、米人気ラジオ番組「This American Life」と、そのスピンオフとなるポッドキャスト番組「Serial」の製作チームが手がけた、7話構成の番組。2017年3月に全エピソードが一斉リリースされ、4日間で1000万ダウンロードを記録し、ピーボディ賞ラジオ/ポッドキャスト部門を受賞した。

そのストーリーだが、「S-Town」司会者・プロデューサーのブライアン・リードのもとに、アラバマ州ウッドストックに住むアンティークの時計職人ジョン・B・マクレモアから、地元で起こった殺人事件を調査してほしいと依頼が入ったところからスタートする。故郷を「クソみたいな町」とこき下ろすマクレモアは、ある金持ちの息子が犯人だと自慢していたというが、リードが真相を探るうちに調査は予想もしていなかった衝撃的な展開となり、マクレモアという人物の謎めいた姿が明らかになる。

米Deadlineによれば、「スポットライト」の米パーティシパント・メディアが「S-Town」の映画化権を獲得しており、マッカーシー監督と交渉中。脚本は、劇作家サミュエル・ハンターが交渉に入っている。

(映画.com速報)
スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray/ブルーレイ] スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,147 新聞記者たちがカトリック教会のスキャンダルを暴いた実話を、「扉をたたく人」のトム・マッカーシー監督が映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi