【全米映画ランキング】「インクレディブル・ファミリー」がアニメ映画史上最高のOP興収でV : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月19日 > 【全米映画ランキング】「インクレディブル・ファミリー」がアニメ映画史上最高のOP興収でV
メニュー

【全米映画ランキング】「インクレディブル・ファミリー」がアニメ映画史上最高のOP興収でV

2018年6月19日 17:00

「インクレディブル・ファミリー」の一場面「インクレディブル・ファミリー」

「インクレディブル・ファミリー」の一場面
(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]3本の新作がランクインした先週末の全米ボックスオフィスは、ディズニー/ピクサー最新作の「インクレディブル・ファミリー」がアニメ映画史上最高となる約1億8000万ドルのオープニング興収で首位デビューを飾った。

同作は、ピクサーの長編劇場用アニメの第20作で、04年に大ヒットを記録したヒーローもの「Mr. インクレディブル」の14年ぶりとなる待望の続編。前作で大活躍した父親ボブが家事や育児に専念し、ボブの妻ヘレン/イラスティガールが新たなミッションに挑む中、全世界を恐怖に陥れる陰謀が動き出す。批評家からは絶賛評が多く寄せられ、レビュー・興行ともに申し分のないスタートとなった。声の出演にクレイグ・T・ネルソンホリー・ハンターキャサリン・キーナーボブ・オデンカークイザベラ・ロッセリーニサミュエル・L・ジャクソン。監督は前作の「Mr. インクレディブル」や「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」「トゥモローランド」といった実写作品でも知られるブラッド・バード

興収約2000万ドルで2位となったのは前週首位の「オーシャンズ8」。10日間の累計は約7900万ドルで、最終興収は1億2000万ドル強といったところか。

約1500万ドルのOP興収で初登場3位となったのは実話ベースのコメディ「Tag」。30年以上も本気で「鬼ごっこ」を楽しむ、いい年をした男たちの滑稽な姿が描かれる。出演はエド・ヘルムズジェレミー・レナージョン・ハムアナベル・ウォーリスら。監督はTVシリーズ「This Is Not Happening」などの演出を担当し、本作で長編映画デビューを飾ったジェフ・トムシック。

その他7位には1972年公開のブラックスプロイテーションの同名作をジョエル・シルバーらがリメイクした「SuperFly」がランクインした。

今週末は、大ヒットシリーズの最新作「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(クリス・プラットブライス・ダラス・ハワードジェフ・ゴールドブラム出演)が公開となる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi