佐倉綾音“運命の再会”? 客席の女子高生に再アプローチするも思い届かず : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月9日 > 佐倉綾音“運命の再会”? 客席の女子高生に再アプローチするも思い届かず
メニュー

佐倉綾音“運命の再会”? 客席の女子高生に再アプローチするも思い届かず

2018年6月9日 14:45

「あさがおと加瀬さん。」キャスト結集「あさがおと加瀬さん。」

「あさがおと加瀬さん。」キャスト結集
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 高嶋ひろみ氏の漫画をアニメ化した「あさがおと加瀬さん。」が6月9日、全国20館で封切られた。キャストの高橋未奈美佐倉綾音木戸衣吹落合福嗣(司会)が東京・新宿バルト9での舞台挨拶に立った。

本作は、女子高生同士の切ない恋模様を描く物語。緑化委員の内気な女子高生・山田結衣(CV・高橋)と陸上部エースの加瀬友香(CV・佐倉)が、あさがおの花をきっかけに距離を縮めていく。

この日は、ストーリーにちなみ、女性陣が客席にむけて「あさがおの種まき」(ラッピングされた種を客席に投げ入れる)を行うことになり、佐倉が“再チャレンジ”に挑む一幕があった。5月17日に実施された本作の完成披露試写会にも、ブーケトスするコーナーがあり、佐倉は客席にいた女子高生にブーケを渡すと宣言したが、投げたブーケは相手には届かなかった。そしてこの日、再チャレンジに意欲満々の佐倉が「今日は女子高生いないのかな」と場内を見渡すと、客席の女性が「この前の(女子高生)です」と告白。佐倉は驚きのあまり「うそー!」と絶叫し、会場はどよめきに包まれた。

“運命の再会”を果たした佐倉は、早速「女子高生リベンジしようかな!」と宣言。あさがおの種を“ターゲット”に確実に届けるべく「女子高生、そこに座ってもらってもいい?(笑)」と女子高生を中央の座席に移動させて狙いを定めたが、またしても失敗。あさがおの種は客席前方に着地し、女子高生の席まで届かなかった。

またトークコーナーでは、アフレコの話題があがった。佐倉と高橋は、「(山田と加瀬の)2人きりのシーンは、2人で録りたいって言っていたのに、この人たちが全然出て行かなかった」と言い、アフレコブースから出ていかなかったという木戸と落合にクレーム。木戸が「だって、いたいんだもん!」と声をあげると、佐倉は「『おかまいなく、おかまいなく』って(木戸と落合)は言っていたけど、かまうわ!」「落合さんなんか(佐倉と高橋の演技を見ながら)『ああ、いいっすねえ』って(笑)。人のよさがにじみでていた」と振り返り、笑いを誘っていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi