J・ビノシュ「Vision」公開祝し登壇!河瀬直美監督は「万引き家族」PR : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月9日 > J・ビノシュ「Vision」公開祝し登壇!河瀬直美監督は「万引き家族」PR
メニュー

J・ビノシュ「Vision」公開祝し登壇!河瀬直美監督は「万引き家族」PR

2018年6月9日 18:35

ジュリエット・ビノシュも登壇!「万引き家族」

ジュリエット・ビノシュも登壇!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 仏女優ジュリエット・ビノシュと俳優・永瀬正敏がダブル主演した「Vision」(河瀬直美監督)の公開記念舞台挨拶が6月9日、東京・新宿ピカデリーで行われ、ビノシュ、永瀬、夏木マリ岩田剛典、美波、河瀬監督が登壇した。

「Vision」はフランスからやってきたエッセイスト、ジャンヌ(ビノシュ)がすべての痛みを消し去るという幻の薬草ビジョンを求めて奈良・吉野を訪れ、山守の男・智(永瀬)、青年・鈴(岩田)らと運命的な出会いを遂げるというストーリー。シックなロングドレスで登場したビノシュは「日本に訪れるときは東京、大阪にしか行きませんが、吉野という奥深い場所を訪れ、本当にいろんな体験を共有できました。みなさんは今ある影の部分を明るくしたいと思っているはず。そういう時は苦しい部分に向き合うことが大切なんです。『Vision』は神話のような物語で、映画は可能性のシンボルだと思います」と話した。

永瀬は劇中のジャンヌと智としてデートしたエピソードに触れ、「神社に行き、お昼ご飯を食べながら、いろんなものに『美しい』とおっしゃっていました。どこか深いところを見ていらっしゃったんだなと思いました」というと、ビノシュは「空気、光、色を感じていました。もっと深く言うと、生きていることがうれしい、ということです。普段は都会にいますが、自然に帰って、穏やかな日々が過ごすこと、その起源に帰り立つということが必要です。しかも、一人ではなく、河瀬監督という個性豊かな監督を始め、キャストやスタッフとシェアでき、喜びが倍増したような気持ちでした」と話した。

ビノシュとの共演で英語のセリフに初挑戦した岩田は「どうしようかと思った。吉野で生活をしつつ、日常会話でアドリブが返せるように練習しました。(ビノシュには)包み込む母性で助けていただきました。目と目で伝わるものがあった」と言うと、ビノシュは「何かあなたを知っているような、そんな気持ちがしましたよ」。特別な関係で結ばれた役を演じた2人は、映画を通じて言葉を超えた関係を構築したようだった。

カンヌ国際映画祭の常連である河瀬監督は、6月8日の同日公開となった是枝裕和監督の「万引き家族」に触れ、「1980年代後半から(是枝監督と)並走している形で映画を撮っているような気がしていましたが、同じ日に公開は初めて。しかも、是枝さんは今年、パルムドールを受賞された。映画で描かれているのは、日本の社会の見えない部分。この時代、この世界、この先の一歩をどう踏み出したらいいのか、深く考察されている素晴らしい映画だと思います」と絶賛する。

「私たちの『Vision』で描かれる吉野の山も、人が訪れることはほとんどありません。森が築いている時間を、ほとんどの人が知らないんです。その森に、フランスからやってきたジャンヌが分け入ってきた。去年のカンヌでパルムドール受賞者のプレゼンターとして登壇したジュリエット・ビノシュさんは『映画は光だ』とおっしゃっていた。光がなければ、私達は存在しない。見ることもできない。色も分からない。その原点に立ち返って、長編10作目を作りました。いま、映画館にいるほとんどの岩田さんのファンのみなさんも、私達と一歩を踏み出して、また、『万引き家族』も見に行ってください」とライバル作品も宣伝していた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi