リース・ウィザースプーン「キューティ・ブロンド」シリーズ第3弾に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月7日 > リース・ウィザースプーン「キューティ・ブロンド」シリーズ第3弾に主演
メニュー

リース・ウィザースプーン「キューティ・ブロンド」シリーズ第3弾に主演

2018年6月7日 11:00

主人公エル役でカムバック「キューティ・ブロンド ハッピーMAX」

主人公エル役でカムバック
写真:Jerry Watson/Camera Press/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リース・ウィザースプーンが、大ヒットシリーズ「キューティ・ブロンド」の第3弾に主人公エル役でカムバックすることがわかった。米Deadlineによれば、ウィザースプーンは米MGMと間もなく主演契約を結ぶ見込みで、第1作の製作チームが17年ぶりに再結集するという。

2001年に公開された第1作「キューティ・ブロンド」(ロバート・ルケティック監督)は、おしゃれで成績優秀なブロンド美人エル・ウッズ(ウィザースプーン)が、元恋人を追って難関ハーバード・ロー・スクールに進学し、ブロンドへの偏見にめげず弁護士をめざして奮闘する姿を描いた。03年の第2作「キューティ・ブロンド ハッピーMAX」(チャールズ・ハーマン=ワームフェルド監督)は、エルが大手法律事務所に就職し、企業による動物実験を阻止するために闘うというストーリーだった。

第3作のプロットの詳細は不明だが、今の時代に則った女性のエンパワーメントをテーマにした内容になりそうだ。第1作の脚本家コンビ、カレン・マックラー・ラッツ&キルステン・スミスが、契約がまとまり次第、執筆に取りかかる。また、第1作のプロデューサーであるマーク・プラットも復帰し、ウィザースプーンの製作会社ハロー・サンシャインと共同でプロデュースする。監督はまだ正式発表されていない。

第1作「キューティ・ブロンド」は製作費1800万ドルに対し世界興収1億4100万ドル、第2作「キューティ・ブロンド ハッピーMAX」は製作費4500万ドルに対し世界興収1億2400万ドルを記録した。その後、DVDやミュージカル版のヒットを通じて、若い世代にも人気が浸透している。

ちなみに、09年にビデオスルーでのリリースとなった「キューティ・ブロンド3」は、エルのいとこである双子の姉妹を主人公に描いており、ウィザースプーンは出演せず製作にまわった。

(映画.com速報)
キューティ・ブロンド[Blu-ray/ブルーレイ] キューティ・ブロンド[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,928 名門ハーバード大学の法学部に入学したブロンド娘が、周囲の偏見を持ち前のポジティブさで乗り越え、一人前の法律家としてサクセスをつかんでいく姿を描いた痛快コメディ。
キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX[Blu-ray/ブルーレイ] キューティ・ブロンド2/ハッピーMAX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,000 化粧品用の動物実験を禁止する法案を成立させるべく奮闘する愛犬家の女性の姿を描いた作品。出演はリーズ・ウィザースプーン、サリー・フィールドほか。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi