ジェームズ・アイボリー、イタリア人監督の新作でナレーション担当 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月7日 > ジェームズ・アイボリー、イタリア人監督の新作でナレーション担当
メニュー

ジェームズ・アイボリー、イタリア人監督の新作でナレーション担当

2018年6月7日 16:00

ジェームズ・アイボリー監督「モーリス」

ジェームズ・アイボリー監督
Photo by Joe Scarnici/Getty Images for TCM
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞脚色賞を受賞した「君の名前で僕を呼んで」のほか、「眺めのいい部屋」「日の名残り」「モーリス」などで知られる監督・脚本家・プロデューサーのジェームズ・アイボリーが、新作「Dance Again With Me Heywood!(原題)」でナレーターを務めることがわかった。

今年6月に90歳となるアイボリーが参加する新作は、イタリア・ナポリ出身のミケーレ・ディオーマ監督による英語作品で、10代の観客にむけた新しいタイプのおとぎ話だという。ニューヨークを舞台に、孤独な青年と若い女性が出合い、同じ病気を抱える相手にしかその存在が見えないムーンズ・バタフライ患者の2人は、大好きなダンスを通じて心の距離を近づけていく、というストーリーのようだ。

米ハリウッド・レポーターによれば、イタリア人の若手俳優ジョルジオ・アルチェッリ・フォンタナと女優オッタビア・オーティチェロが主演。7月にクランクアップし、11月に公開される予定だという。60年以上のキャリアを誇るアイボリーが、ナレーションを担当するのは本作が初めてとなる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi