ミシェル・ウィリアムズ「ボーイズ・ドント・クライ」監督の闇中絶を描く新作に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月30日 > ミシェル・ウィリアムズ「ボーイズ・ドント・クライ」監督の闇中絶を描く新作に主演
メニュー

ミシェル・ウィリアムズ「ボーイズ・ドント・クライ」監督の闇中絶を描く新作に主演

2018年5月30日 11:00

ミシェル・ウィリアムズ「ゲティ家の身代金」

ミシェル・ウィリアムズ
Photo by Frazer Harrison/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ミシェル・ウィリアムズが、米アマゾン・スタジオの新作「This is Jane(原題)」に主演することがわかった。

米Deadlineによれば、本作はシカゴで秘密裏に中絶を行うクリニック“ジェーン”を創設した実在の女性ジェニーを描く作品。ロー対ウェイド事件(1973年に人工妊娠中絶の権利は合法と米最高裁が判決を下した)前の60年代後半から70年代前半にかけて、堕胎方法を学んだ女性たちによって運営されていた“ジェーン”は、中絶を望む1万1000人以上の女性たちにその処置やサポートを行った。

映画は、ローラ・カプラン著のノンフィクション書籍「The Story of Jane: The Legendary Underground Feminist Abortion Service(原題)」をもとに、「ボーイズ・ドント・クライ」のキンバリー・ピアースが監督、ウィリアムズがジェニー役を演じる。ウィリアムズと、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」のジョン・レッシャーが共同プロデュースを手がける。

ウィリアムズは、大富豪ポール・ゲティの孫の誘拐事件を題材にした「ゲティ家の身代金」(リドリー・スコット監督)に主演しており、現在、日本公開中。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi