安達祐実、“お金に困る役”が多いのは薄幸そうな見た目のせい!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月26日 > 安達祐実、“お金に困る役”が多いのは薄幸そうな見た目のせい!?
メニュー

安達祐実、“お金に困る役”が多いのは薄幸そうな見た目のせい!?

2018年5月26日 14:45

安達祐実の自虐トークに大爆笑「ゼニガタ」

安達祐実の自虐トークに大爆笑
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大谷亮平が映画初主演を飾った「ゼニガタ」が5月26日、全国16館で封切られ、大谷をはじめ、共演の小林且弥安達祐実渋川清彦、メガホンをとった綾部真弥監督が、東京・シネマート新宿で行われた舞台挨拶に出席した。

物語の舞台は、銭形富男(大谷)と弟・静香(小林)が営む路地裏の居酒屋。店は、深夜0時をまわると超暴利で金を貸し付ける闇金屋に変ぼうする。厳しい取り立てで債務者たちを追い込んでいく兄弟と、金の魔力にとりつかれた債務者たちを待ち受ける運命を描く。何があっても動じない“鉄の男”を意識して役に臨んだ大谷が「どうしても感情が出てしまうこともありましたが、監督は現場の“生きた感情”は必ず生かしてくださった」と語ると、綾部監督は「大谷さんとは同い年だったので、話しやすくて仕事がしやすかった。初主演を自分が撮れるというのは嬉しかったですね」と充実の撮影を振り返っていた。

劇中では資金繰りに窮した脱サラ農家・真田留美を演じている安達が、「昔からお金に困っているような役柄は多い」と代表作「家なき子」を想起させるような感想を述べると、「あえて俺らは触れなかった」と大谷らは爆笑。MCから「なぜオファーが多いと思いますか?」と質問が飛ぶと、安達は「よく言われるのは不幸そうに見える」と回答。「幸せに生きているんですけどね(笑)。なぜか幸薄そうに見えるみたいです」と語っていた。

安達と同じく1981年生まれの小林は「(安達は)1981年生まれで1番先にスターになった人。現場ではお会いできなかったので、今日は『うわ、生の安達祐実だ』という感じだったんです」と興奮気味。「この職業に就く前からテレビや映画で見ている人って、いざ現場でお会いすると違う感慨があるというか。その最たる例です。やっぱり大スター」と念願の共演となったようだ。

居酒屋と闇金屋という2つの顔を持つ銭形兄弟の設定にちなみ「やってみたかった職業は?」と問われた大谷は「ずっとバレーボールをやっていたんですが、周りがデカい奴ばかりで断念したんです。もしもあの時野球をやっていたらどうなっていたんだろう。全然ダメだったかもしれないし、もしかしたら甲子園とか行けたかもしれない」とアンサー。一方、安達は「職人さんに憧れを感じていたので、なってみたい。一番身近に接するすし職人の方は、寡黙に握っている姿が格好いいですよね。でも、あまりにも子どもの頃から今の仕事をしているので、現実的に考えたことはないかな」と答えていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi