横浜流星、松風理咲らのエール受けて世界進出の野望燃やす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月26日 > 横浜流星、松風理咲らのエール受けて世界進出の野望燃やす
メニュー

横浜流星、松風理咲らのエール受けて世界進出の野望燃やす

2018年5月26日 21:30

横浜流星と松風理咲「兄友」

横浜流星と松風理咲
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 横浜流星が映画単独初主演を飾った「兄友」が5月26日、全国3館で封切り。横浜をはじめ、共演の松風理咲松岡広大古川毅(SUPER★DRAGON)、小野花梨、メガホンをとった中島良監督が、東京のT・ジョイPRINCE品川で行われた初日舞台挨拶に登壇した。

赤瓦もどむ氏の人気少女コミックを実写映画化した本作は、奥手なイケメン・西野壮太(横浜)と友人の妹・七瀬まい(松風)のウブな恋を描く。ステージ中央に立った横浜は「普段からセンターに立つことがないんですよね。戦隊モノ(烈車戦隊トッキュウジャー)でも端の方にいたんで(笑)。自分が真ん中にいるということが、ちょっとソワソワします」と心境を吐露。「皆が芝居をしやすい環境が作れたらいいなという思いで現場にはいました。どう思ってくれてるのか…」と不安げに言葉を紡ぐと、松岡はすぐさま「いや、大丈夫でしたよ。僕らちゃんとできました。流星君は背中で見せてくれる人だった」とフォローを入れていた。

MCから「今だから明かせる裏話は?」という質問を投げかけられた横浜が「(劇中で)僕が『困ったワン!』と言うくだり。毅、実はめちゃくちゃ笑っているんですよ」と答えると、中島監督は「(ポーズは)長時間撮影していたんで、色んなパターンがあるんです」と補足した。すると、横浜は「見たいですか?」と自ら提案して、古川を伴ってステージ上で実演。様々なパターンの『困ったワン!』を披露し、場内を盛り上げていた。

この日は座長として作品をけん引した横浜に、松風らからサプライズ・メッセージが送られた。「美しいお顔と、冷静だけど熱い心を近くで見ることができて本当に嬉しかったです。どうかいつまでもお元気でいてください」(小野)、「初主演おめでとうございます。これからもよろしくお願いします。センパイ」(古川)、「初主演。座長、おめでとうございます」(松岡)、「流れ星のようにキラキラ輝いてください」(松風)という内容に、横浜は感激の面持ち。橘萩之介役として出演している声優・福山潤からは「あなたの気遣いで素敵な現場、作品になりました。感謝」といった言葉が届いていた。

「これから世界中にファンがつくと思いますし、海外の作品にも出てほしい」と激励した中島監督。「今ここにいるお客さんに対しても言いたいんですけど、自分の可能性を広げていってほしいんです」と話すと、横浜は「頑張ります。僕、アクション大好きなので。(目指すのは)アクションスター」と“世界進出”への野望を燃やしていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi