新進女優S・マーティン来日!6年間暮らした東京は「自由を与えてくれた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月23日 > 新進女優S・マーティン来日!6年間暮らした東京は「自由を与えてくれた」
メニュー

新進女優S・マーティン来日!6年間暮らした東京は「自由を与えてくれた」

2018年5月23日 19:15

来日を果たしたステイシー・マーティン「グッバイ・ゴダール!」

来日を果たしたステイシー・マーティン
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 巨匠ジャン=リュック・ゴダールの2番目の妻で女優のアンヌ・ビアゼムスキーの自伝的小説を映画化した「グッバイ・ゴダール!」の公開を記念し5月23日、主人公を演じた新進女優ステイシー・マーティンが来日。都内で記者会見を行った。

映画は、もうすぐ20歳を迎える若き女優アンヌが、世界中から注目される気鋭の映画監督ゴダールと恋に落ち、人生が変わってゆくさまを描いた物語。ゴダールの新作「中国女」の主演を飾ることになったアンヌは、映画を作る刺激的な日々を送るなかでゴダールからプロポーズを受ける。若き女優は初体験ばかりの毎日を夢中で駆け抜けるが、1968年に勃発した五月革命が2人の運命を変えていく。「アーティスト」のミシェル・アザナビシウス監督がメガホンをとった。

マーティンはモデルとしてキャリアをスタートさせ、ラース・フォン・トリアー監督の「ニンフォマニアック」シリーズでスクリーンデビューを果たした。7~13歳頃には両親の仕事の都合で日本に住んでいたといい、「子どもの頃過ごした東京は、私に自由を与えてくれました。リセ(フランスの後期中等教育機関)で学んでいたけれど、本当に歓迎してくれたし、ひと夏の3カ月間だけ日本の学校にも通ったの。クラスメイトたちのまじめさには驚いたわ(笑)」と当時を述壊。「六本木みたいに街が様変わりしているところもあるけれど、私にとっての日本のエッセンスはまだまだ残っていると感じて、とても嬉しいです」と思い入れの深さを語った。

また、熱狂的なファンを持つゴダールを扱った作品に出演したことについて、「もちろんプレッシャーは最初から感じていたし、アザナビシウス監督もとても意識していました」と本音を吐露。それでも、「今作は(ゴダールについて)皮肉や遊び心を持って映画化しています。ゴダールを考察したり、裁くようなものではありません。監督が今作にコメディの要素があって、伝記ものではないというトーンを決めたら、あとは私たちも楽でした」と撮影を振り返った。

さらに、ゴダールになじみのない観客に向けては「ゴダールのことは忘れて! 日本でのタイトルは『グッバイ・ゴダール!』ですしね(笑)」と、お茶目にアピール。「ゴダールのことは知らなくても、これはラブストーリーでコメディなので、むしろその部分を見てほしいです」と物語が持つ普遍的なテーマの魅力を強調していた。

グッバイ・ゴダール!」は、7月13日新宿ピカデリーほか全国順次公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi