仏女優がリュック・ベッソンにレイプされたと告発 ベッソンは「椅子から転げ落ちた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月22日 > 仏女優がリュック・ベッソンにレイプされたと告発 ベッソンは「椅子から転げ落ちた」
メニュー

仏女優がリュック・ベッソンにレイプされたと告発 ベッソンは「椅子から転げ落ちた」

2018年5月22日 11:00

告発されたリュック・ベッソン「レオン」

告発されたリュック・ベッソン
写真:Backgrid/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気監督のリュック・ベッソンが、レイプ疑惑で仏当局の調査を受けていることが明らかになった。ハリウッド・レポーター紙が報じている。

仏ラジオ局Europe1が報じたもので、匿名希望の27歳の女優によれば、事件が起きたのはパリの高級ホテル「ル・ブリストル」。ベッソン監督によって紅茶になにかを入れられ、意識を失っているうちに強かんされていたという。ベッソン監督は札束を置いて部屋を出たそうで、身の危険を感じた彼女は友人宅に駆け込んだという。本件は、フランス警察が調査を行っている。

なお、この報道をベッソン監督は完全否定。担当の弁護士は「ベッソン氏はこの報道を聞いて、椅子から転げ落ちました」とコメントしている。ベッソン監督は、「ニキータ」「レオン」「フィフス・エレメント」など18作品のメガホンをとっている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi