全米大ヒットホラー「A Quiet Place」の続編製作が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月17日 > 全米大ヒットホラー「A Quiet Place」の続編製作が決定
メニュー

全米大ヒットホラー「A Quiet Place」の続編製作が決定

2018年5月17日 17:00

続編製作が決定「ア・クワイエット・プレイス(原題)」

続編製作が決定
(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米でスマッシュヒットとなっているエミリー・ブラント主演のホラー映画「ア・クワイエット・プレイス(原題)」の続編準備が進行中であることが明らかになった。

同作は、音に反応して襲来するエイリアンによって人類絶滅の危機に瀕した世界で、音を立てずに生き延びる家族を描くサバイバルストーリー。ブラントの夫でもある俳優のジョン・クラシンスキーが監督・脚本を手がけている。

製作費はハリウッド映画としては控えめな1700万ドルながら、4月6日(現地時間)の全米公開から北米興収は既に1億3480万ドルに到達している。世界興収も2億1300万ドルを記録している。米ラスベガスで開催中の興行主向けのコンベンション、シネマコンで、パラマウント・ピクチャーズのジム・ジアノプロス会長兼最高経営責任者は続編準備が進行中であると発表。公開日は未定だが、主演のブラントらオリジナルキャストが復帰することになりそうだ。

ちなみに「ア・クワイエット・プレイス(原題)」は、20世紀フォックス前会長のジアノプロスが、パラマウントを立て直すため昨年4月に現職に就き、初めてゴーサインを出した作品として知られる。パラマウントにとって久々のヒット映画となっていることから、ジアノプロスはすでに「ア・クワイエット・プレイス(原題)」の製作チームにSFスリラー映画「ライフ・オン・マーズ(原題)」を発注。同作はセシル・カステリッチの短編「We Have Always Lived on Mars〔原題)」の映画化で、火星入植者の子孫であるヒロインが、ある日、火星で普通に呼吸できることを悟ったことから起きる顛末を描く。

クラシンスキーが監督を務め、プラティナム・デューンズのマイケル・ベイ監督、アンドリュー・フォーム、ブラッド・フラーがプロデューサーを務める予定となっている。「ア・クワイエット・プレイス(原題)」の続編と「ライフ・オン・マーズ(原題)」のどちらが先に製作されることになるのか、現時点では不明。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi