「ツイン・ピークス」新シリーズBD&DVD予告編公開!“あのキャラ”の25年後を収録 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月15日 > 「ツイン・ピークス」新シリーズBD&DVD予告編公開!“あのキャラ”の25年後を収録
メニュー

「ツイン・ピークス」新シリーズBD&DVD予告編公開!“あのキャラ”の25年後を収録

2018年5月15日 12:00

謎が謎を呼ぶ……「ツイン・ピークス」

謎が謎を呼ぶ……
(C)TWIN PEAKS PRODUCTIONS, INC.
(C) 2018 Showtime Networks Inc.
SHOWTIME and related marks are registered
trademarks of Showtime Networks Inc.,
A CBS Company. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] デビッド・リンチの人気テレビシリーズ「ツイン・ピークス」の新シリーズとなる「ツイン・ピークス リミテッド・イベント・シリーズ」(テレビ放送時の邦題は「ツイン・ピークス The Return」)のブルーレイ&DVD-BOXの発売を記念し、予告編が製作された。

1990~91年に全米ABCネットワークで放送されたオリジナルシリーズは、カナダの国境に近い田舎町ツイン・ピークスで、美少女が何者かに殺される事件が発生したことから、住人たちのゆがんだ人間関係が明らかになっていくさまを描いた。全18章からなる本作では、カイル・マクラクランシェリリン・フェンシェリル・リーメッチェン・アミックをはじめとするオリジナルキャストのほか、ローラ・ダーンナオミ・ワッツアマンダ・セイフライドモニカ・ベルッチティム・ロス裕木奈江といった総勢217人が参加する。

予告編映像は、シリーズファンおなじみの「赤い部屋」から始まる。その後、殺人事件の被害者ローラ・パーマー(リー)が、主人公クーパー捜査官(マクラクラン)に「25年後に会いましょう」と告げる、本作の伏線となるシーンが挿入。続いて、ローラの事件とは別に、異なる場所で起きた「2つの残虐な事件」、クーパー捜査官が25年間閉じ込められていた「赤い部屋」、クーパー捜査官の分裂した姿である“ドッペルゲンガー”といったキーワードが、リンチ監督ならではの芸術的な色彩感覚、奇抜で浮遊感のある演出によって映し出されていく。

シリーズおなじみの登場人物も多数登場し、保安官事務所のホーク(マイケル・ホース)やアンディ(ハリー・ゴアス)、そしてボビー・ブリッグス(ダナ・アシュブルック)、受付嬢のルーシー(キミー・ロバートソン)などの25年後の姿が映し出される。不穏な雰囲気や様々な憶測を呼ぶ謎めいた展開が続く、本作ならではの世界観が堪能できる映像となっている。

「ツイン・ピークス リミテッド・イベント・シリーズ」のブルーレイBOXとDVD-BOXは、7月4日発売。

(映画.com速報)
<数量限定生産>ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ...[Blu-ray/ブルーレイ] <数量限定生産>ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥17,150 事件は様々な場所で起きていた。サウスダコタでは頭と胴体が別の人間という奇妙な死体が発見され、ラスベガスでは妻子持ちの男ダギー・ジョーンズが、奇妙な行動で周囲を困惑させていた。また、ツイン・ピークスでは懐かしい顔ぶれが揃う中、クーパーに関する重要な情報がホーク保安官補に届き、新たな捜査が開始される…。
ツイン・ピークス 完全なる謎 Blu-ray BOX【数量限定生産】[Blu-ray/ブルーレイ] ツイン・ピークス 完全なる謎 Blu-ray BOX【数量限定生産】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥23,342 伝説のTVシリーズとその劇場版が初Blu-ray BOX化。映像からパッケージ、特典物にいたるまですべてデイヴィッド・リンチが直接監修。「TVシリーズ」の全エピソードに加え、オリジナル・ネガから4Kスキャンした新たなリマスター版『ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間』(劇場版)も完全収録した永久保存版。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi