若き日のハン・ソロ俳優、初来日決定!ロン・ハワード監督らとともにプレミア参戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月14日 > 若き日のハン・ソロ俳優、初来日決定!ロン・ハワード監督らとともにプレミア参戦
メニュー

若き日のハン・ソロ俳優、初来日決定!ロン・ハワード監督らとともにプレミア参戦

2018年5月14日 19:00

チーム「ハン・ソロ」が来日「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」

チーム「ハン・ソロ」が来日
(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの知られざる過去を描く新作「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」で主演を務めたオールデン・エアエンライクと共演のエミリア・クラーク、人気キャラクターのチューバッカ、メガホンをとったロン・ハワード監督が来日することが発表された。日本初披露となるプレミアイベントに参加する予定だ。

大スターのハリソン・フォードが演じてきた人気キャラクターの若き日を演じたエアエンライクは、オーディションで3000人以上の候補者の中から大役を勝ち取ったハリウッドの新星。「日本にはずっと行ってみたかったんだ! 初めての日本にとてもワクワクしているよ。日本の伝統的な旅館に行ってみたいな」と、初来日を心待ちにしているようだ。ハン・ソロの幼なじみでミステリアスな美女キーラ役を演じたクラークは「ターミネーター:新起動 ジェニシス」のプロモーション以来約3年ぶり、4月のファンイベントで初来日を果たしたチューバッカは早くも2度目の来日となる。

4年ぶりの来日となるハワード監督は、「日本の文化、侍の文化は『スター・ウォーズ』の美学のDNAだと思う。素早いアクションや予期せぬことが起こる部分など、本作にも黒澤映画から影響を受けた要素があるんだ」とインスピレーションを明かす。「スター・ウォーズ」の生みの親ジョージ・ルーカスの監督作「アメリカン・グラフィティ」(73)でフォードと共演し、「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」(99)のメガホンをルーカスから直々にオファーされた名匠が、満を持しての参戦となった「スター・ウォーズ」シリーズ新作をどのように語るか注目だ。

来日決定にあわせ、キャスト・スタッフたちがハン・ソロの真実を証言する特別映像が公開。同役のエアエンライクが「彼がどうやってああいう男になったのかを見ることができる。大きく広がる“ハン・ソロ”の世界の一部なのさ」と解説する一方で、「帝国の逆襲」(80)、「ジェダイの帰還」(83)、そして新たなる3部作の1作目「フォースの覚醒」(15)でも脚本を手がけ、ハン・ソロを知り尽くしたローレンス・カスダンは「彼はこのシリーズで最もエキサイティングな登場人物。彼のやることは予想がつかない。向こう見ずなんだ」と、その魅力を語っている。

ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」は6月29日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi