ジョニー・デップ、元ボディガードに報酬未払いで訴えられる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月13日 > ジョニー・デップ、元ボディガードに報酬未払いで訴えられる
メニュー

ジョニー・デップ、元ボディガードに報酬未払いで訴えられる

2018年5月13日 08:00

今度はボディガードの報酬未払い問題

今度はボディガードの報酬未払い問題
Photo by John Phillips/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 過去17年間にわたり資産管理を担当していたザ・マネージメント・グループ(TMG)、ならびに同じく長年弁護を請け負ってきたブルーム法律事務所と金銭問題をめぐり泥沼訴訟の渦中にあるジョニー・デップが、今度は元ボディガードから報酬未払いで訴えられた。米ピープル誌が報じている。

今回訴えを起こしたユージーン・アレオラ氏とミゲル・サンチェス氏は2013年、所属していた地元の警備会社を通じてデップのボディガードを務めるようになった後、16年からは専属セキュリティ・チームのメンバーとして、住み込みでデップ本人と家族の警護にあたっていた。

2人が連名で米ロサンゼルス郡高等裁判所に提出した起訴状によれば、専属ボディガードとして雇われた直後から、「マネージメント・チームのメンバーを総入れ替えしたり、スタッフを突然クビにしたりといったデップの気まぐれな行動が目立つようになり、スタッフの多くが経済的ダメージを被ることになった」のに加え、デップに直接雇われて仕事に従事していた16年からの2年間、両氏には「残業手当が支払われなかったのみならず、労働法で義務づけられている食事休憩さえ与えられなかった」という。

両氏はまた、デップと彼の家族に運転手としてこき使われたうえに、違法薬物を積んだ車を運転するよう命じられるなど、「ボディガードとしての職務を越えた仕事をせざるを得ない状況」に追い込まれることも度々あったとのこと。起訴状にはさらに、「地元ロサンゼルスのナイトクラブに遊びに出かけた際、デップの顔に違法薬物の痕跡が残っているのに気づき、周りに気づかれないよう慌ててカバーしたこともあった」とデップの薬物依存をほのめかすショッキングな事例も。アレオラ氏とサンチェス氏はその結果、「デップに対して悪意を抱いているわけではないものの、有害かつ危険な労働環境から、辞職を余儀なくされた」として、未払い分の報酬および弁護費用と損害賠償をデップに求めている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi