「田辺・弁慶映画祭セレクション2018」前夜祭、ルー大柴が盛り上げる! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月10日 > 「田辺・弁慶映画祭セレクション2018」前夜祭、ルー大柴が盛り上げる!
メニュー

「田辺・弁慶映画祭セレクション2018」前夜祭、ルー大柴が盛り上げる!

2018年5月10日 18:15

前夜祭を盛り上げたルー大柴「みつこと宇宙こぶ」

前夜祭を盛り上げたルー大柴
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「田辺・弁慶映画祭セレクション2018」が5月12日からテアトル新宿で開催されるが、「新進気鋭!“田辺系”監督&俳優大集合!!」と題した前夜祭が9日夜、下北沢の本屋B&Bで実施された。

毎年11月に和歌山県田辺市で開催されている田辺・弁慶映画祭は、多くの若手監督を輩出し、“インディーズの登竜門”と注目されている。今年のセレクションは、12日からの3週間、昨年の第11回で入賞した監督たちの作品を特集上映。弁慶グランプリを受賞した武井佑吏監督「赤色彗星倶楽部」、男優賞と“明日への期待賞”を受賞した笹井歳春監督「戻る場所はもうない」、女優賞を受賞した竹内里紗監督「みつこと宇宙こぶ」、観客賞を受賞した加藤悦生監督「三尺魂」、そして映画.com賞を受賞した森田博之監督「ラストラブレター」と新作短編なども併映、連日トークイベントも行われる。

前夜祭には、武井、笹井、森田、竹内の4監督に加え、キャスト陣総勢15人が大集合。田辺・弁慶映画祭に応募した理由や自作のキャスティングについて、また12日からのセレクションにかける熱い思いやアピールポイントをそれぞれ語った。今回の特集上映での動員結果が商業映画デビューにつながる可能性もあるだけに、監督たちは早くもお互いに火花を散らしていた。

だが、前夜祭をひと際盛り上げたのは、「戻る場所はもうない」で男優賞を受賞したルー大柴。男優賞受賞の知らせを聞いて「チキンスキン(鳥肌)が立った」などと、英単語を織り交ぜた独特のトークを繰り広げて主演作をアピール。他の若い監督と俳優たち、来場者を翻弄し笑わせて格の違いを見せつけた。

なお、入賞5監督らが出演した田辺・弁慶映画祭と開催地・紀州田辺の魅力を紹介する特別番組「おいしい! たのしい! 未来へつながる道 紀州田辺・弁慶映画祭スペシャル」が、5月12日夜8時からTBSラジオでオンエアされる。また、今年11月9日から11日まで開催予定の第12回田辺・弁慶映画祭コンペティション部門の作品を7月13日まで募集している。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi