神木隆之介×有村架純で百田尚樹原作「フォルトゥナの瞳」映画化!初の恋人役に挑む : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月7日 > 神木隆之介×有村架純で百田尚樹原作「フォルトゥナの瞳」映画化!初の恋人役に挑む
メニュー

神木隆之介×有村架純で百田尚樹原作「フォルトゥナの瞳」映画化!初の恋人役に挑む

2018年5月7日 05:00

神木隆之介&有村架純は4度目の共演「フォルトゥナの瞳」

神木隆之介&有村架純は4度目の共演
(C)2019映画「フォルトゥナの瞳」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 百田尚樹氏による恋愛小説「フォルトゥナの瞳」が実写映画化されることになり、神木隆之介が主人公、有村架純がヒロインを演じることがわかった。「死を目前にした人間が透けて見える」という、不思議な能力を身につけてしまった青年の物語。映画「3月のライオン」などでも共演した神木と有村が、今作では初の恋人役に扮している。

永遠の0」「海賊とよばれた男」などで知られる百田氏の小説を、「青空エール」「坂道のアポロン」など青春映画を数多く手がける三木孝浩監督のメガホンで映画化。幼少期の飛行機事故で家族を失い、ひとり生き残ってしまった木山慎一郎(神木)は、友人も作らず孤独に生きてきた。しかし、死が近い人が透けて見える能力を持っていることに気づいたことで、慎一郎の日常は一変してしまう。自らの力に葛藤するなか、慎一郎は明るく優しい女性・桐生葵(有村)と出会い、やがて惹かれ合っていく。幸福の絶頂期、葵の体が透け始めていく。

24歳ながら20年以上のキャリアを誇る神木は、意外にも本格ラブストーリーには初挑戦。「このお話を頂く前に、たまたま原作を読んでいたので、お話を頂いた時は運命のようなものを感じました」と振り返り、「慎一郎がどのような道を選択し運命に向かっていくのか、ひとりの男として大切な事を教えてもらったような気がします」と勇気づけられた様子だ。そして「今回、初めてラブストーリーに挑戦させて頂くのですが、とても緊張しています。三木監督をはじめとするスタッフ、共演者の皆さんに助けて頂きながら精一杯、慎一郎を演じたいと思います」と意気込み、「有村さんは過去に何度か共演させて頂きましたが、今回は恋人役ということで、どんなお芝居になるのだろうと、今からとても楽しみです。三木監督は初めてご一緒させて頂きます。何度かお会いしましたが、とても優しく、役者の気持ちに寄り添ってくださる方だなと思いました」とコメントを寄せている。


画像2

[拡大画像]

有村も「これまでとは一味違ったラブストーリーができるのではないかと、脚本を読んで率直に思いました」と自信をのぞかせ、「出会った2人が、本能的に惹かれあっていくさまを、ほほ笑ましく、幸せに、どうかこの関係が壊れないでほしい、と思っていただけるように、ひとつひとつの描写を大切にしていきたいと思います」と語る。神木との共演については「神木さんとは、今回4度目の共演となりますが、過去に神木さんとご一緒した取材で『神木さんのラブストーリーが見てみたい』と答えたものが、まさか、自分自身が相手役で実現するとは思ってもみなく、驚いています。とても信頼できる役者さんであり、安心感しかないので、楽しみながら一緒に頑張れたら嬉しいです」と全幅の信頼を寄せ、「監督の三木さんは、いつかご一緒してみたい監督のひとりで、このご縁を無駄にしないように、全力で三木さんの演出にお応えしていきたいです。とても丁寧に向き合って下さる方で、今から撮影が楽しみです」とクランクインを心待ちにしている。

フォルトゥナの瞳」は、脚本を「かぐや姫の物語」「メアリと魔女の花」「恋は雨上がりのように」などの坂口理子が執筆。公開は2019年内を予定している。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi