ジョージア映画の不朽の名作「祈り」51年の歳月を経て日本初公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月6日 > ジョージア映画の不朽の名作「祈り」51年の歳月を経て日本初公開
メニュー

ジョージア映画の不朽の名作「祈り」51年の歳月を経て日本初公開

2018年5月6日 07:00

「祈り三部作」ポスター「祈り」

「祈り三部作」ポスター
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本初公開となる、ジョージア映画の巨匠テンギズ・アブラゼ監督の傑作「祈り」(1967)、と同作含む三部作(「祈り」「希望の樹」「懺悔」)が8月4日から一挙上映される。このほど予告編とポスターがお披露目された。

ジョージア(グルジア)に、映画が誕生して今年で110年。紀元前から、ヨーロッパと東方諸国を結ぶ重要な地点として位置していたために他国から侵略を受け、激動の歴史に翻弄されながらも、守り続けた伝統や風習、風物といった民族文化を積極的に取り入れ、ギオルギ・シェンゲラヤ監督「放浪の画家ピロスマニ」(87)、オタール・イオセリアーニ落葉」(66)といった世界に誇る数々の名作を生み出してきた。同じく、映画を通して社会の不条理を告発し続けたアブラゼ監督も、20世紀を代表する映画監督としてロシアのタルコフスキーやギリシャのアンゲロプロス監督らと並び、後世の映画人に影響を与えてきた。

そんな、アブラゼ監督が20年の歳月をかけ完成させたトリロジー「祈り三部作」は、宗教間の対立を描き、人間の尊厳と寛容を謳った「祈り」、美しい娘と青年の純愛が古い掟と因習によって打ち砕かれていく様を描き、ダビッド・ディ・ドナテッロ賞を受賞した「希望の樹」(76)、そして、独裁者によって困難を強いられる市井の人々を映し、カンヌ国映画祭審査員特別賞を受賞した「懺悔」(84)の三作。それぞれ異なる視点で監督が作品に込めた主題を受け取ることのできる作品群だ。

「祈り三部作」は、8月4日から岩波ホールほか全国順次公開。

(映画.com速報)
懺悔[DVD] 懺悔[DVD] 最安価格: ¥5,076 ソビエト連邦時代の独裁者による恐怖政治を思わせる時代を生きたとある家族の悲劇や、生き残った者たちによる告発と懺悔を描いたドラマ。
放浪の画家 ピロスマニ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 放浪の画家 ピロスマニ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,784 グルジア(ジョージア)の天才画家、ニコ・ピロスマニの半生を描いたドラマ作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi