「マレフィセント」続編の悪役に「デッドプール」エド・スクレイン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月2日 > 「マレフィセント」続編の悪役に「デッドプール」エド・スクレイン
メニュー

「マレフィセント」続編の悪役に「デッドプール」エド・スクレイン

2018年5月2日 15:00

エド・スクレイン「マレフィセント」

エド・スクレイン
Photo by Samir Hussein/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース]米ウォルト・ディズニー手がける大ヒット映画「マレフィセント」の続編で、「デッドプール」「トランスポーター イグニション」の英俳優エド・スクレインが出演交渉の最終段階に入ったと、バラエティが報じた。

2014年に公開されたロバート・ストロンバーグ監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の「マレフィセント」は、ディズニー・アニメの名作「眠れる森の美女」を邪悪な妖精マレフィセント(ジョリー)の視点から描いたダークファンタジー。アニメでは語られることがなかったマレフィセントとオーロラ姫(エル・ファニング)をめぐる隠された物語に迫る実写3D映画で、全世界興収7億5800万ドルの大ヒットを記録した。

続編にはジョリーとファニングがそろって復帰することが決まっているほか、前作の脚本家リンダ・ウールバートンジェズ・バターワース(「007 スペクター」「ブラック・スキャンダル」)が共同で脚本を執筆。同じく前作から続投となるジョー・ロス(「アリス・イン・ワンダーランド」「スノーホワイト」)製作のもと、「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」の共同監督ヨアヒム・ローニングがメガホンをとる。

デッドプール」でライアン・レイノルズ扮する主人公の宿敵エイジャックス役を演じ、一躍ブレイクを果たしたスクレインは、日本のSFアクション漫画「銃夢(ガンム)」をジェームズ・キャメロン製作、ロバート・ロドリゲス監督で実写映画化する「アリタ バトル・エンジェル」(12月21日全米公開)、「ムーンライト」のバリー・ジェンキンス監督による新作「If Beale Street Could Talk(原題)」など、話題作への出演が相次ぐ注目株だ。

まもなく撮影がスタートする「マレフィセント2(仮題)」では悪役という以外、役柄に関する詳細はまだ明かされていないが、エイジャックス役で強烈なインパクトを放ったスクレインが今度はどんな悪役ぶりを見せてくれるのか、目を離すことができない。

(映画.com速報)
マレフィセント MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] マレフィセント MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,427 ディズニーが生んだ悪の魔女の謎に包まれた半生と“禁断の秘密”を実写映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi