木梨憲武、ほろ酔い“ジジイ”150人と一問一答! さらなるPR活動も宣言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月1日 > 木梨憲武、ほろ酔い“ジジイ”150人と一問一答! さらなるPR活動も宣言
メニュー

木梨憲武、ほろ酔い“ジジイ”150人と一問一答! さらなるPR活動も宣言

2018年5月1日 23:00

中井貴一はまだ見てくれず…「いぬやしき」

中井貴一はまだ見てくれず…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 木梨憲武が5月1日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた主演作「いぬやしき」(公開中)の上映会に出席した。

「ジジイ選抜上映会 in ギロッポン」と銘打たれた同イベントは、木梨自身が映画公開の御礼として、60歳以上の男性、いわゆる“ジジイ”たちを劇場に無料で招待したもの。上映前にはビールが提供されており、場内に集った約150人の“ジジイ”は、既にほろ酔いモード。最高齢は、市川右太衛門主演作「旗本退屈男」が大好きだという85歳の男性。「世間離れというか、ついていけない。びっくりしました。(劇中の木梨は)60代かと思った」と感想を述べていた。

4月20日に封切られた後、木梨のもとには様々な反応が届いているようだ。「湯河原の知り合いなんですが、お母さん世代の団体が見てくれたそうで『よかったわよー』と言ってくれた」「知り合いで唯一見てくれないのが、中井貴一さん。いまだに“犬の映画”だと勘違いしている。“犬の屋敷の映画”だと思っているみたいで、面倒くさいから『そうです』と言っちゃった(笑)」と告白すると、場内は大爆笑だった。

質問コーナーでは、映画にちなんだものだけでなく“ジジイらしい内容”であれば可能だったため、「芸能界には定年退職はない。老後の人生設計は?」と問いかけられた木梨。「体が資本。体がぶっ壊れると、大好きな仕事も趣味も鈍くなっていく。祖師ヶ谷大蔵の自転車屋(木梨サイクル)は、長男なので継ぐつもりなんです。ストレッチをして、アミノ酸を飲んで、ケアをしながら前に進んでいければ」と回答した。さらに「夫婦円満の秘訣」を聞かれると「とにかくご指示を頂く」とアンサー。「自分が思ったことも、1度噛み締める。(妻の)ご指示通りに動くことが大切です(笑)」と語っていた。

フォトセッション時には、握手をがっちり交わして“ジジイ”たちとの交流を楽しんだ木梨。同イベントが、本作のPRの機会として最後の予定だったが、木梨は去り際に「5月5日の『こどもの日』、1人でキャンペーンをやろうと思います」と高らかに宣言。「犬屋敷の扮装をして、どこかに訪れるかも。“ジジイ”、街に出る! こうご期待!」とさらなるPR活動に意欲を示していた。

第36回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭インターナショナルコンペディション部門の作品賞グランプリ「ゴールデン・レイヴン賞」を受賞した本作は、奥浩哉氏による人気漫画を実写映画化。機械の体に生まれ変わった初老のサラリーマン・犬屋敷(木梨)と、同じ力を手に入れていた・獅子神(佐藤健)の対決を描く。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi