GG賞受賞ドラマでも注目 「ザ・スクエア」エリザベス・モスのインタビュー映像が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月30日 > GG賞受賞ドラマでも注目 「ザ・スクエア」エリザベス・モスのインタビュー映像が公開
メニュー

GG賞受賞ドラマでも注目 「ザ・スクエア」エリザベス・モスのインタビュー映像が公開

2018年4月30日 10:00

エリザベス・モスの出演シーン「ザ・スクエア 思いやりの聖域」

エリザベス・モスの出演シーン
(C)2017 Plattform Prodtion AB /
Societe Parisienne de Production /
Essential Filmproduktion GmbH /
Coproduction Office ApS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昨年、第60回カンヌ映画祭コンペ部門に初ノミネートで最高賞のパルムドールを受賞した、リューベン・オストルンド監督の「ザ・スクエア 思いやりの聖域」が上映中だ。成功を収めた現代美術のキュレーターがさまざまなトラブルに見舞われる様子を描いた風刺映画。主人公のクリスティアンを翻弄する、アメリカ人記者アン役を演じたエリザベス・モスのインタビュー映像が公開された。

アンは権威ある美術館のキュレーターである、クリスティアンにインタビューを実施。その後、彼らはパーティーで再会し、勢いで一夜を共にする。クリスティアンにとってアンは割り切った遊びの関係であると勝手に思い込むのだが……。

ゴールデングローブ賞、エミー賞を受賞したHuluのドラマシリーズ「ハンドメイズ・テイル 侍女の物語」で主演し、映画、ドラマと高い評価を得ているモスを、オストルンド監督は「これまで仕事をした中でも最も知的な人」と称えている。映画では男性にとっては「理解できない謎の女」、女性にとっては共感できるかもしれないキャラクターを見事に演じた。

今回公開されたインタビュー映像でモスは、オストルンド監督について「彼は人々の生活を少し違った目線でとらえて、表現しようとするからとても気に入ったわ」とその印象を語る。アンのキャラクターについては「彼女は謎めいているけど人生を楽しんでる。賢い人だと思うわ。クリスティアンを辟易させ、問い詰めて怒らせる。答えたくないことを聞き落ち着かない状態にして、楽しんでいるように見えるわ」と分析。また、撮影については「平均70テイクで1日1場面の撮影よ。確かに疲れて大変だけど、挑戦的でもあり、テイクが多いことに問題はないわ」とテイク数の多さで知られるオストルンド監督との仕事を振り返った。

ザ・スクエア 思いやりの聖域」は、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国で公開中。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi