【全米映画ランキング】エミリー・ブラント主演のホラー「A Quiet Place」が首位に返り咲き : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月25日 > 【全米映画ランキング】エミリー・ブラント主演のホラー「A Quiet Place」が首位に返り咲き
メニュー

【全米映画ランキング】エミリー・ブラント主演のホラー「A Quiet Place」が首位に返り咲き

2018年4月25日 13:37

「A Quiet Place」が首位「アイ・フィール・プリティ(原題)」

「A Quiet Place」が首位
(C)2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 3本の新作がランクインした先週末の全米ボックスオフィスは、前々週に約5000万ドル超のオープニング興収をあげ、大ヒットデビューを果たしたエミリー・ブラント主演のホラー「ア・クワイエット・プレイス(原題)」が、約2200万ドルの興収で首位に返り咲いた。

同作の17日間の累計興収は、昨年のパラマウント最大のヒット作「トランスフォーマー 最後の騎士王」を抜き、約1億3200万ドルに。今週末の成績によってはグロス2億ドル超えも見えてきそうだ。

2位は前週首位のドウェイン・ジョンソン主演「ランペイジ 巨獣大乱闘」。先週末は約2100万ドルの興収で累計は約6600万ドルに。こちらのグロスは1億2000万ドル近辺か。

約1620万ドルのオープニング興収で3位デビューとなったのはエイミー・シューマー主演のコメディ「アイ・フィール・プリティ(原題)」。容姿に自信が無かったレネー(シューマー)が、エクササイズ中に頭を打ったことから自分が「世界で一番美しい」と思うようになり、何事も自信たっぷりに行動し出世していくが……というストーリー。共演にミシェル・ウィリアムズエミリー・ラタコウスキーナオミ・キャンベルローレン・ハットン。監督は「25年目のキス」「そんな彼なら捨てちゃえば?」などの脚本を共同で手がけ、本作で長編監督デビューを果たしたアビー・コーンマーク・シルバースタイン

3位と僅差のOP興収約1470万ドルで4位初登場となったのは、ジェイ・チャンドラセカール監督・主演による「だめんず・コップ」17年ぶりの続編「Super Troopers 2」。米北東部バーモント州のハイウェイ・パトロール5人組が、米国ーカナダの国境の町でハイウェイ・パトロール・ステーション設立に奔走する姿を描いたコメディ。音楽は2015年のパリ同時多発テロで襲われたイーグルス・オブ・デス・メタルが担当。出演はチャンドラセカールのほかに、デイモン・ウェイアンズ・Jr.、クリフトン・コリンズJr.、ブライアン・コックスほか。

その他、ポーラ・パットンオマー・エップスウィリアム・フィクトナー共演のサスペンススリラー「Traffik」が初登場で9位にランクインした。

今週末からは、例年より1週前倒しでサマーシーズンに突入。今年もスターターはマーベルの大作「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」。OP興収の新記録更新に期待がかかる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi