「ワンダー」監督&“天才子役”ジェイコブ・トレンブレイの来日決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月24日 > 「ワンダー」監督&“天才子役”ジェイコブ・トレンブレイの来日決定!
メニュー

「ワンダー」監督&“天才子役”ジェイコブ・トレンブレイの来日決定!

2018年4月24日 08:00

共に大作が控える売れっ子「ワンダー 君は太陽」

共に大作が控える売れっ子
(C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「美女と野獣」の製作陣が、全世界800万部を売り上げた人気小説を映画化した「ワンダー 君は太陽」のジェイコブ・トレンブレイスティーブン・チョボウスキー監督の来日が決定した。

ウォールフラワー」を手がけたチョボウスキーが監督・脚本を担当し、「ルーム」のトレンブレイ、「エリン・ブロコビッチ」のジュリア・ロバーツ、「ミッドナイト・イン・パリ」のオーウェン・ウィルソンとオスカー受賞作品の出演俳優が顔をそろえた本作。生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギー(トレンブレイ)が学校に通い始め、周囲の人々と共に成長していくさまを描く。世界興行収入は約3億ドルのヒットを記録している。

オスカー受賞作「ルーム」以来、約2年ぶりの来日となるトレンブレイは、グザビエ・ドラン監督の「The Death and Life of John F. Donovan(原題)」、「プレデター」シリーズ最新作「The Predator」などが控える売れっ子。本作でも特別な顔を持つオギーの苦悩を持ち前の演技力で繊細に演じきっている。

一方、チョボウスキー監督の来日は「ウォールフラワー」以来、約5年ぶり。海外でのインタビューでも来日を熱望する発言を行っていたそうで、念願の再来日となる。「美女と野獣」の脚本を担当したチョボウスキー監督は、ディズニーの人気キャラクター、チャーミング王子を主人公にした実写映画「Prince Charming」が控えている。2人は、来日プロモーションを行う予定とのことで、ファンの前に登場する機会も設けられそうだ。

ワンダー 君は太陽」は、6月15日から全国公開。

(映画.com速報)
ウォールフラワー スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] ウォールフラワー スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,330 1999年にアメリカで出版され、「ライ麦畑でつかまえて」の再来とも言われたベストセラー青春小説を、原作者のスティーブン・チョボウスキーが自らのメガホンで映画化。
ルーム スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] ルーム スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 エマ・ドナヒューのベストセラー『部屋』を映画化した衝撃と感動のサスペンス・ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi