戦車に対抗する手段はまさかの“馬”!衝撃実話「ホース・ソルジャー」本編映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月24日 > 戦車に対抗する手段はまさかの“馬”!衝撃実話「ホース・ソルジャー」本編映像公開
メニュー

戦車に対抗する手段はまさかの“馬”!衝撃実話「ホース・ソルジャー」本編映像公開

2018年4月24日 07:00

この戦いに勝ち目はあるのか?「ホース・ソルジャー」

この戦いに勝ち目はあるのか?
(C) 2018 BY HS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」(4月27日公開)が控えるクリス・ヘムズワースが、「パール・ハーバー」「ブラックホーク・ダウン」などを手がけた名プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーと組んだ「ホース・ソルジャー」の本編映像が、公開された。

ヘムズワースに加え、「シェイプ・オブ・ウォーター」のマイケル・シャノン、「アントマン」のマイケル・ペーニャ、「ムーンライト」のトレバンテ・ローズらが集結。2001年9月11日の同時多発テロで被害を受けたアメリカが最初に行った反撃で、もっとも危険な対テロ戦争の最前線に志願した12人の米陸軍特殊部隊員の知られざる戦いを描く。

公開されたのは、戦車やミサイルといった最新鋭の武器を持つタリバン(イスラム原理主義組織)に、12人のアメリカ陸軍特殊部隊員“グリーンベレー”、さらに地元の反タリバン勢力がわずかな銃と馬で戦いを挑む戦闘シーン。ミサイルや爆弾の集中砲火をくぐり抜け、兵士たちは敵のリーダーを目指し突撃。近代兵器を恐れぬ勇敢な姿に、敵は恐れをなしていく。

コソボ紛争を追った報道写真家でもあるニコライ・フルシー監督がメガホンをとった本作では、“本物”にこだわり、実際の戦車を稼動させて撮影を敢行。映像では、「ダークタワー」の撮影を手がけたラスムス・ビデベックによる臨場感満点の戦闘シーンが展開しており、地面すれすれ、空撮、手持ちカメラなど、多種多様な撮影方法が組み合わさった臨場感満点のアクションを堪能できる。

へムズワースは「(本作が)実話だと知ったときに驚いたよ。あの兵士たちの存在は、あまり知られていないからね。軍人が騎馬で戦うなんて、まるで第1次世界大戦みたいだ!」と語っている。キャスト陣は、撮影前に厳しい軍事訓練に挑んだそうで、未経験者がほとんどの馬術訓練では、40ポンド(約20キログラム)の重りを背負った状態で馬に乗り、銃を構えるなど、馬を乗りこなせるように徹底的に鍛えたという。

ホース・ソルジャー」は、5月4日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi