「ガンバレルーヤ」よしこに速水もこみちがキュン!「Bの戦場」でカップル役

2018年4月22日 07:00

異色のカップルを演じた「ガンバレルーヤ」 のよしこと速水もこみち
異色のカップルを演じた「ガンバレルーヤ」 のよしこと速水もこみち

[映画.com ニュース] ゆきた志旗のシリーズ小説を、お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」よしこの初主演で映画化したラブコメディ「Bの戦場」が4月21日、沖縄で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」で上映され、「ガンバレルーヤ」のよしことまひる、脚本を手掛けた久馬歩よしこの相手役を演じた速水もこみち並木道子監督、応援ゲストとして「尼神インター」の誠子と渚が那覇・桜坂劇場で行われた舞台挨拶に出席した。

同作は、自他ともに認める“絶世のブス”であるウェディングプランナー・香澄(よしこ)と、ブス好きを自称するイケメン上司の久世(速水)との恋模様を描いた。久世から好意を込めて「どブス」呼ばわりされ、突然プロポーズされた香澄だったが、受け入れることができない。そんななか、フラワーコーディネーターの武内からも好意を寄せられてしまい、香澄は三角関係の渦中の人となってしまう。

よしこは「撮影後、もこみちさんとブランクが空いていたので、久しぶりに会った元カレ感がある。ちょっとドキドキしてます」と笑いを取りつつも緊張気味に挨拶。さらに、絶世のブスを演じた感想を「いまいちピンと来てなくて、役作りが大変でした」と話すと、渚が「うそやん! そのままでいい」と即ツッコミ。それでも「普段からそんなんじゃないので難しかったんですけど、上手いこと先生がしてくださった」とあくまでも監督のおかげでブスを演じられたと言い張り、会場の笑いを誘っていた。

一方の速水は、「よしこさんはテレビで明るい姿を見ていて、今回ご一緒できて嬉しい」とニッコリ。「現場がとにかく明るくて、常によしこさんが体当たりで現場に入られていて、一生懸命な姿に役どころを通して心打たれる部分もあった」と明かし、「キュンとするようなシーンもあってドキドキしましたよね?」とよしこをチラリ。よしこも、「あごをクイっとするシーンやら、ほっぺをぎゅってされるシーンはドキドキした」と同意し、「ニキビのないところを探して下さった」と速水の優しさに感謝した。

これを聞いていた誠子は、よしこの映画主演に嫉妬していると告白。「理想なんですよ! イケメン2人から取り合われるなんて。よしこがいけるんやったら私も主演できるんじゃないかなって」と息巻いたが、よしこから「B(ブス)としては最高のBですから、誠子さんも……」と応援されると、「悲しくなったんで止めてもらっていいですか(笑)。Bを譲り合うの止めよう」と意気消沈していた。

Bの戦場」は、2019年に公開。「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」は、4月22日まで開催される。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース