黒木メイサ、初めての映画館体験を懐かしむ 「タイタニック」はトラウマ!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月21日 > 黒木メイサ、初めての映画館体験を懐かしむ 「タイタニック」はトラウマ!?
メニュー

黒木メイサ、初めての映画館体験を懐かしむ 「タイタニック」はトラウマ!?

2018年4月21日 19:53

地元トークに花を咲かせた黒木メイサ「タイタニック(1997)」

地元トークに花を咲かせた黒木メイサ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本歴代興行収入2位の262億円を稼いだジェームズ・キャメロン監督、レオナルド・ディカプリオ主演作「タイタニック」が4月21日、沖縄県で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」で上映され、同県出身の人気女優・黒木メイサが北谷・ミハマ7プレックスで舞台挨拶に立った。

「タイタニック」は、同映画祭10周年を記念してスタートした新企画「マイ フェイバリトムービー~Thanks to MOVIE & OKINAWA~」で黒木が選んだことにより上映された。1997年当時、9歳だったという黒木は「初めて映画館で見た作品が『タイタニック』でした。しかも劇場がここだったんです!」と満面の笑みで告白。家族と一緒に鑑賞したそうで、「隣に両親がいたので女性が裸になるシーンとかでは恥ずかしかった記憶も。船が沈むシーンも衝撃的で、そっちに気が取られちゃった」と懐かしんだ。

芸能界デビューのため15歳で上京した黒木だが、「(帰郷すると)北谷には絶対に来ますね。子どもの頃からお出かけの時にワクワクしたのは北谷」と語る。現在も年2~3回は帰郷するそうで、「うちは姉3人の4姉妹なので、自宅でワイワイやっちゃう事の方が多いんです」とニッコリ。ビーチパーティに行くかと聞かれると、「泳げないんです。でも、行きますよ。お肉を食べるだけですけど」と地元トークに花を咲かせていた。

「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」は、4月22日まで開催。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi