ウェス・アンダーソン監督作「犬ヶ島」、望月ミネタロウ作画で漫画化決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月20日 > ウェス・アンダーソン監督作「犬ヶ島」、望月ミネタロウ作画で漫画化決定!
メニュー

ウェス・アンダーソン監督作「犬ヶ島」、望月ミネタロウ作画で漫画化決定!

2018年4月20日 09:00

5月24日発売の月刊モーニングで特別連載開始「犬ヶ島」

5月24日発売の月刊モーニングで特別連載開始
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第68回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞したウェス・アンダーソン監督作「犬ヶ島」が漫画化され、5月24日発売の月刊モーニングで特別連載されることがわかった。「ドラゴンヘッド」などでカルト的人気を誇る漫画家・望月ミネタロウ氏が作画を手がけ、主人公・アタリと5匹の犬たちによるアナザーストーリーを描き出す。

アンダーソン監督をはじめとする「グランド・ブダペスト・ホテル」の製作陣が再結集したストップモーションアニメ。日本を舞台に、“犬インフルエンザ”の大流行により“犬ヶ島”に隔離されてしまった愛犬を探す少年アタリと、犬たちの壮大な旅と冒険を映し出す。声優陣にはビル・マーレイジェフ・ゴールドブラムエドワード・ノートンフランシス・マクドーマンドスカーレット・ヨハンソンらのほか、「RADWIMPS」の野田洋次郎村上虹郎渡辺謙夏木マリヨーコ・オノらが名を連ねている。

今作に日本への愛とリスペクトを込めたアンダーソン監督は、今回の漫画化に対し「『犬ヶ島』は“現実には存在しないマンガの翻案”として思いついた映画でした。そして今、素晴らしき望月ミネタロウさんが私たちのためにそれを現実のものにしてくれました。私たちは望月さんの作品を世界に送り出すことを本当に嬉しく思っています」と喜びのコメントを寄せる。望月氏も「僕がウェス・アンダーソンさんのファンなのは周知の事でしたので、候補に上がっていると聞いたときは、アンダーソンさんの世界観を日本で漫画にするなら、多分僕しかいないでしょ! と勝手に思ってました」と振り返ったうえで、「やる事に決まったときは、宝くじに当ったような気持ちになった反面、アンダーソンさんの作家性とこだわりぬかれた世界観を改めて思い出し、『犬ヶ島』がストップモーションアニメなのも輪をかけて難しく……。これは大変な事を引き受けてしまった、とおろおろしました。壁紙の色柄まで可愛くて、いいです。難しいけど僕が好きな何かを表現できたらいいな」と意気込みを語っている。

さらに連載開始を記念し、望月氏によるオリジナルイラストも披露。愛犬スポッツの行方を捜して遠くを見つめるアタリと、飼い主アタリの迎えを信じる忠実なスポッツ、そして病に感染した犬たちがさまよう“犬ヶ島”の殺伐とした様子が、独特のタッチで表現されている。映画「犬ヶ島」は、5月25日から全国で公開。

(映画.com速報)
グランド・ブダペスト・ホテル[Blu-ray/ブルーレイ] グランド・ブダペスト・ホテル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,000 ウェス・アンダーソン監督が贈る、究極のおもてなし達人と青年が繰り広げるミステリー・コメディ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi