東出昌大は役者バカ&新田真剣佑は大号泣!「OVER DRIVE」熱き現場振り返る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月18日 > 東出昌大は役者バカ&新田真剣佑は大号泣!「OVER DRIVE」熱き現場振り返る
メニュー

東出昌大は役者バカ&新田真剣佑は大号泣!「OVER DRIVE」熱き現場振り返る

2018年4月18日 04:00

熱い現場を述懐「OVER DRIVE」

熱い現場を述懐
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 公道を駆け抜ける自動車競技「ラリー」を題材に描いた映画「OVER DRIVE」の完成披露試写会が4月17日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、兄弟役を演じた東出昌大新田真剣佑をはじめ、共演の森川葵北村匠海町田啓太、要潤、メガホンをとった羽住英一郎監督が舞台挨拶に出席した。

長年温めていた念願の企画が完成し、羽住監督は「全員を満足させる自信がある」と豪語。これを受け、実直なエンジニアである兄・檜山篤洋役の東出も「200%の自信があり、みんなが映画館をいい気持ちで出られると確信できる映画はなかなかない。満足感に満ちあふれています」と自信をにじませ、攻めの姿勢を貫く天才レーサー・檜山直純役の新田も「本当に大好きな映画」と笑顔を見せた。

さらに東出は「監督がよく使う言葉で、僕が好きなものがあります」と切り出す。「『バカになれ』。役者バカであったり、バカ正直であったり。バカになるというのはすごく強く、その純粋性には嘘がない」と続け、「太陽のようなマッケンがいきなりハグをしてきて、『兄貴、よろしくな』と言ってくれた。裏表なく仲良くなれた共演者たちのおかげで、バカみたいに熱くなりながらこの映画を撮りました」と充実の日々を振り返った。

新田も「台本を読んだ瞬間に『これは兄貴に抱きつくしかない!』と思いました」と情熱をほとばしらせる。一方で「北九州での撮影では、みんなでご飯に行ったとき、監督と一緒に号泣しました。『僕はこういう思いで演じたいんです』『俺はこういう思いで撮りたいんだ』。それを冷たい目で、兄貴に見られました」と語ると、東出は「監督がご自身で手を入れた脚本なのに『このセリフが、約束が……!』と泣いていて。ええ、知ってるでしょ(笑)!? って。熱い監督、大好きです」と全幅の信頼を寄せていた。

また東出&森川&羽住監督は、仏コルシカ島で行われた世界ラリー選手権(WRC)を生観戦したという。森川は「男性だけでなく女性も参戦しているし、やっぱり、イケメンのドライバーもいる。女性にも親しみを持ってもらえるポイントがたくさんあります」とアピールし、東出も「正直、僕らの世代は車離れしている。でも、この映画の持っている力によって、新しい扉を開いてもらいました。WRCを見に行ったときは、ラリーカーの下をのぞきながら『アンダーガード外すの、はええ』と、ラリーバカになっていました(笑)」と価値観が変わったことを熱弁。そんな2人を尻目に、新田は「僕が『行きたい!』と言い出したんですが、スケジュールが合わず行けなかった。すごく悔しかった」とため息をついていた。

OVER DRIVE」は、6月1日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi