イタリアの名匠ビットリオ・タビアーニ監督が88歳で死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月16日 > イタリアの名匠ビットリオ・タビアーニ監督が88歳で死去
メニュー

イタリアの名匠ビットリオ・タビアーニ監督が88歳で死去

2018年4月16日 13:00

弟とともにタビアーニ兄弟として 活躍したビットリオ監督「塀の中のジュリアス・シーザー」

弟とともにタビアーニ兄弟として
活躍したビットリオ監督
(C)Chryssa Panoussiadou
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界3大映画祭に数えられるカンヌ国際映画祭とベルリン映画祭で、それぞれ最高賞を受賞したイタリアの名匠タビアーニ兄弟の兄ビットリオ・タビアーニ監督が4月15日(現地時間)、イタリア・ローマで死去した。88歳だった。

1929年にトスカーナのサンミニアートに生まれ、ピサで育ったビットリオ監督は、弟のパオロ監督とともに、60年以上にわたり共同で映画製作を続けた。ドキュメンタリー映画から劇映画へ転向後も、リアリティを追求した社会派作品を数多く発表。「父 パードレ・パドローネ」(77)がカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞し、「サン★ロレンツォの夜」(82)で同映画祭の審査員特別グランプリに輝いている。「塀の中のジュリアス・シーザー」(12)ではベルリン国際映画祭の金獅子賞を受賞。また86年には、ベネチア国際映画祭で金獅子賞生涯功労賞が贈られた。

米バラエティによれば、ビットリオ監督はながらく病をわずらっていたと、娘のジョバンナが伊メディアに語ったという。17年の「レインボウ」(17)が最後の監督・脚本作品となったが、イタリアのコリエーレ・デラ・セラ紙によれば、実質的には弟パオロ監督が単独でメガホンをとっていたようだ。

イタリアのセルジョ・マッタレッラ大統領は、「イタリア映画と文化は紛うことのない愛すべき主唱者を失い、深く追悼の意を示す」と声明を発表。遺作となった「レインボウ」の世界初披露の場となったローマ映画祭では、「イタリアシネマの父のひとり」と公式Twitterに追悼メッセージを投稿した。

(映画.com速報)
父 パードレ・パドローネ[DVD] 父 パードレ・パドローネ[DVD] 最安価格: ¥3,693 世界的な言語学者ガヴィーノ・レッダの自伝小説をパオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ監督が映画化。羊飼いの父と息子の確執と絆を感動的に描いた作品。
サン★ロレンツォの夜[DVD] サン★ロレンツォの夜[DVD] 最安価格: ¥3,175 世界的な監督となったタヴィアーニ兄弟が、第二次大戦末期のトスカーナ地方を舞台に、少女の目を通してドイツ軍から逃亡した村民、パルチザン、ファシストたちの悲惨な戦争をファンタジックに描いた感動作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi