ジョー・ライト監督、A・J・フィンの心理スリラー小説を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月15日 > ジョー・ライト監督、A・J・フィンの心理スリラー小説を映画化
メニュー

ジョー・ライト監督、A・J・フィンの心理スリラー小説を映画化

2018年4月15日 23:30

ジョー・ライト監督「レディ・バード」

ジョー・ライト監督
Photo by Frazer Harrison/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞2冠に輝いた「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」のジョー・ライト監督が、作家A・J・フィンの新刊小説「The Woman in the Window(原題)」を映画化する新作で、メガホンをとることがわかった。

原作はニューヨーク・マンハッタンを舞台に、誰とも交流せず、隣人たちの生活をのぞき見しながらひっそりと暮らす若い女性アナ・フォックスが、ある夜、犯罪現場を目撃してしまったことから、これまでの生活が一転するという心理スリラー小説。米ハリウッド・レポーターによれば、映画はFox 2000が製作。劇作家・脚本家・俳優のトレイシー・レッツ(「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」「レディ・バード」)が脚色を手がけ、スコット・ルーディンがプロデュースする。

ライト監督の「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」は、英政治家ウィンストン・チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの知られざる4週間を描いた作品で、チャーチル役を演じたゲイリー・オールドマンがアカデミー賞主演男優賞を、その特殊メイクを担当した日本人メイクアップアーティストの辻一弘らがアカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した。3月30日から日本公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi