「クラムボン」ミト、マーク・ウェブ監督の意外な“飲み仲間”明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月6日 > 「クラムボン」ミト、マーク・ウェブ監督の意外な“飲み仲間”明かす
メニュー

「クラムボン」ミト、マーク・ウェブ監督の意外な“飲み仲間”明かす

2018年4月6日 19:00

マーク・ウェブ監督が来日時に対談を行った「さよなら、僕のマンハッタン」

マーク・ウェブ監督が来日時に対談を行った
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「(500)日のサマー」「gifted ギフテッド」のマーク・ウェブ監督の最新作「さよなら、僕のマンハッタン」のトークイベントが4月5日、都内で行われた。ウェブ監督と面識のある音楽バンド「クラムボン」のミトが登壇し、「『サイモン・ペッグエドガー・ライトとよく飲む』と聞いた」とウェブ監督の交友関係を明かして観客を驚かせた。

大学卒業を機に親元を離れた青年トーマス(カラム・ターナー)が、風変わりな隣人ジェラルド(ジェフ・ブリッジス)と父の愛人ジョハンナ(ケイト・ベッキンセール)という2人の人物と出会ったことから、人生に変化が訪れる。

ミトは、ウェブ監督のフィルモグラフィを振り返り「本作でずいぶん形が変わった。これまでは、ストーリーの色付けとして音楽を使っていたと思うんですが、本作では補完じゃなくテーマソングになっていて、(音楽の使い方が)ストレートですよね」と“変化”を語る。自身も、「心が叫びたがってるんだ。(2015)」で作曲家・横山克と共に音楽を担当しており「音響的なことを言うと、ニューヨークの街を歩いているときの雑踏の音も、かなり静かに設定している。象徴的なところにだけ、音をズドンと入れる。音響のレベルに関しても、すごく考えている人だと思います」とプロ目線で語った。

本作を総括し、「見落としがちだけど、すごく重要なテーマをやっていると思う。それをエンタメにするってとても大変。音楽でも、誰でも弾けるようなコードでいい曲を作ろうと思うのは、生半可じゃできない。そのあたりに近いところを、彼は本作で提示したのかな。その試みは、成功していると思います。各部各部のセリフが濃いので、確認したくなっちゃう」と称賛したミト。本作には、終盤にある大きな仕掛けが用意されており、「滅多にないことなんですが、本作を見た翌日にもう1度見返しました。『(登場人物たちは)なんでそのとき、こうだったのか』と考えると、すごい“スルメ感”がある」とすっかり魅力に取りつかれた様子だった。

さよなら、僕のマンハッタン」は、4月14日から全国公開。

(映画.com速報)
(500)日のサマー[Blu-ray/ブルーレイ] (500)日のサマー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,080 恋を信じる男の子と信じない女の子の、ビタースウィートな500日ストーリー!
gifted/ギフテッド 2枚組ブルーレイ&DVD[Blu-ray/ブルーレイ] gifted/ギフテッド 2枚組ブルーレイ&DVD[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,345 孤独な男と天性の才能を持つ少女の絆を描いたドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi