坂口健太郎、ドラマ初主演での変化は「差し入れたくさん入れてる」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月5日 > 坂口健太郎、ドラマ初主演での変化は「差し入れたくさん入れてる」
メニュー

坂口健太郎、ドラマ初主演での変化は「差し入れたくさん入れてる」

2018年4月5日 15:00

会見に臨んだ坂口健太郎、北村一輝ら

会見に臨んだ坂口健太郎、北村一輝ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 坂口健太郎がドラマ初主演を飾る「シグナル 長期未解決事件捜査班」の制作発表会見が4月4日、都内のスタジオで行われ、坂口をはじめ、共演の北村一輝吉瀬美智子渡部篤郎木村祐一池田鉄洋甲本雅裕が出席した。

人気韓国ドラマをリメイクした本作は、独学でプロファイリングを学んだ警察官・三枝健人(坂口)が、謎の無線機を通じて知り合った、“過去”を生きる刑事・大山剛志(北村)とともに、時効間近の未解決事件を解き明かしていくさまを描く。

主演の坂口は、「熱量をもって撮っております。見応えのある作品になっていると思います」とリラックスした表情を浮かべる。「初主演の心境」を問われると、「何か特別なことをやっているかというと、初めて映画に出させていただいた時とあまり変わっていなくて。しいてあげるなら、差し入れをたくさん入れたり。宣伝が多いなと思ったり(笑)」と告白。「でもそういったことは、この作品が良い物だと思ってほしいし、いろんな方に見てほしいから。スタッフさんが盛り上げてくださるおかげで健人を演じられるから。だから、主演として何か新しいことをするというよりは、こんなに盛り上げていただいて感謝だなと。まだクランクインして1カ月ですが、それを感じてきました」と差し入れや宣伝活動に込めた、周囲への感謝の思いを明かした。

一方の渡部は、「坂口の座長ぶり」を聞かれ「楽しみにしていますよ」と期待を寄せる。「僕もいろんな現場で、お芝居だけではなく俳優としてのあり方を学べたような気がしている。僕はまだ(坂口との)からみがないが、(北村)一輝は素敵な俳優なので、彼の良い姿を見ていってくれればと思う」と坂口にエールを贈った。

また、ストーリーとかけて「過去が変わることによって現在が変わる。過去の自分に言葉をかけるなら」という質問もあがった。坂口は、「正直に言ってしまうと、今を変えたくないという気持ちのほうが強くて。過去を変えてしまう怖さの方が強い」と吐露。共演陣も「過去を少しでも変えたらとんでもないことになるなと考えちゃうので、『そのまんまでもいいよ』とか」(北村)、「同じです。今のままで何もするな、変わるな」(吉瀬)と同調したが、木村だけが「このドラマの出演者は、モンスター級に高身長なんですよ。だから小学校の頃の自分に『カルシウムをとるように』と言いたい」と主張し笑いを誘っていた。

「シグナル 長期未解決事件捜査班」はカンテレ・フジテレビ系で4月10日から毎週火曜午後9時放送。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi