“のみとり侍”阿部寛、口上披露で会心の笑み「こういう経験も一生ない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月2日 > “のみとり侍”阿部寛、口上披露で会心の笑み「こういう経験も一生ない」
メニュー

“のみとり侍”阿部寛、口上披露で会心の笑み「こういう経験も一生ない」

2018年4月2日 20:00

口上を披露した阿部寛ら「のみとり侍」

口上を披露した阿部寛ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歴史小説の第一人者・小松重男の傑作短編集を実写映画化した「のみとり侍」の完成披露試写会が4月2日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、主演の阿部寛をはじめ共演の寺島しのぶ豊川悦司斎藤工風間杜夫大竹しのぶ前田敦子松重豊、メガホンをとった鶴橋康夫監督が舞台挨拶に出席した。

客の飼い猫の蚤(のみ)を取り除くことに加え、「床で女性に愛をお届けする」という裏稼業“のみとり”を命じられた、越後長岡のエリート藩士・寛之進(阿部)を描く。出囃子とともに定式幕がゆっくり開くと、金屏風が用意された舞台上に、顔を伏せた阿部の姿が。顔を上げ、鋭いにらみをきかせた阿部は約5分に及ぶ口上を朗々と発し、気合いの入ったファンからは「阿部ーッ!」「新参者ッ!」「裏稼業ッ!」「のみとり屋ッ!」などと掛け声が飛んだ。

一旦幕が閉じ、再び登場した阿部は「疲れました(笑)。ですがこういう経験も一生ないと思って、楽しんでやらせていただきました」と会心の笑み。万雷の喝さいを浴び、「機会があれば、またいつの日か挑戦したい」と意欲をみなぎらせた。そんな姿に、鶴橋監督は「阿部ちゃん、口上、良かった!」と叫んでいた。

一方で、キャスト陣から口々に「監督との仕事が嬉しい」と、尊敬の声を集めていた鶴橋監督。ひとりひとりに感謝の言葉を送ったが、前田と並んでいることに大喜びで「センターマイクでずっと歌い続けてきたあっちゃん。得も言われぬオーラがありました」とニンマリ。続けて、撮影を「セット入り30分前には必ず来ていた。並んで座ります。『何が好きなの』と聞くと、『アウトドアが苦手。本を読んだり、映画を見たりしているのが良いです』。2人きりでいる幸せを感じました。あっちゃんの大ファン」と振り返ると、前田は大笑いしていた。

さらに男性陣には、「女性を喜ばせる“おもてなしプラン”は?」との質問が。豊川が「女性をもてなすという点に関しては、大竹しのぶさんや、寺島しのぶさんに相当鍛えられました。逆らわない、前に出過ぎない、場合によっては目を合わせない。そう乗り切ってきました。大竹さん、寺島さん、どうもありがとうございました」としみじみ語り、阿部も「豊川さんが仰る通り、この2人と共演したときには目を合わせない、何もしゃべらない。ある時、大竹さんに『すんごい冷たいんです』と言いつけられ(笑)、それから目一杯しゃべるようにしました。寺島さんとは、200回ほど舞台でくんずほぐれつのお芝居。今回も心を一緒にし、身を任せました」と笑った。

それでも最後には、阿部は「鶴橋監督の作品に出る。大変なことでした。二つ返事では受けられないプレッシャーがありました。ですが、ここに並んでいる方々に助けていただきました。寛之進を通じて、僕も人の心の温かさを知ることが出来ました。監督は、この作品を40年以上考えてこらられたと言っていました。演じられて光栄です」と締めくくり、観客を大いに喜ばせていた。「のみとり侍」は、5月18日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • search サーチの評論 search サーチ ついに成功作が現れた、PCモニター上だけで展開する緊迫スリラー!!
  • ガンジスに還るの評論 ガンジスに還る インド流〈人生の終い方〉を確かな映画術で感性豊かな家族物語に昇華させた20代監督
  • ライ麦畑で出会ったらの評論 ライ麦畑で出会ったら 伝説のサリンジャーを探し出した高校生の、ほろ苦くも優しい青春グラフィティ
映画評論の一覧を見る
Jobnavi