シュワルツェネッガー心臓の緊急出術、術後の経過は良好 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月2日 > シュワルツェネッガー心臓の緊急出術、術後の経過は良好
メニュー

シュワルツェネッガー心臓の緊急出術、術後の経過は良好

2018年4月2日 15:15

アイム・バック!「ターミネーター」

アイム・バック!
Photo by Aurelien Morissard/IP3/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優で前カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガーが3月29日(現地時間)、米ロサンゼルス市内のシーダー・サイナイ病院で心臓の緊急手術を行なっていたことがわかった。TNZなど複数の米メディアが報じている。

先天性心臓欠陥を抱えるシュワルツェネッガーは、1997年に肺動脈弁置換術で移植した人工弁が寿命を迎えたため、より負担の少ないカテーテル法による置換手術に臨んだ。しかし、手術中に合併症を引き起こす危険が生じたことから、急遽開胸術に切り替えることとなった。

シュワルツェネッガーの代理人によれば、術後の容体は安定しており、麻酔から覚め意識を取り戻すなり、代表作「ターミネーター」の名台詞「アイル・ビー・バック(また戻ってくる)」にかけて「アイム・バック(戻ったぞ)」とジョークを飛ばすなど、順調に快方に向かっているという。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi