キュリー夫人伝記映画にサム・ライリー、アニヤ・テイラー=ジョイ、アナイリン・バーナード : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月24日 > キュリー夫人伝記映画にサム・ライリー、アニヤ・テイラー=ジョイ、アナイリン・バーナード
メニュー

キュリー夫人伝記映画にサム・ライリー、アニヤ・テイラー=ジョイ、アナイリン・バーナード

2018年3月24日 17:30

3人の出演が決定「ダンケルク」

3人の出演が決定
Photo by Jason LaVeris/FilmMagic、
Photo by Venturelli/WireImage、
Photo by Darren Gerrish/BFC/Getty Images for The British Fashion Council
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ロザムンド・パイクが女性初のノーベル賞受賞者として名高い物理学者キュリー夫人を演じる伝記映画「Radioactive(原題)」のキャストに、サム・ライリー(「高慢と偏見とゾンビ」)、「ウィッチ」「スプリット」で注目度急上昇中のアニヤ・テイラー=ジョイ、「ダンケルク」で注目を集めたアナイリン・バーナードサイモン・ラッセル・ビール(「イントゥ・ザ・ウッズ」)が新たに加わったと米ハリウッド・レポーターが報じた。

2度のノーベル賞に輝くキュリー夫人ことマリ・キュリーと夫ピエールの私生活と、夫妻による放射能の研究が世に及ぼした影響を、美しいアートと文でつづったローレン・レドニス著の伝記本「放射能 キュリー夫妻の愛と業績の予期せぬ影響」をジャック・ソーンが脚色、「ペルセポリス」で第80回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたイラン出身の女性監督マルジャン・サトラピがメガホンをとる。

同紙によれば、仏スタジオカナルと米アマゾン・スタジオによる共同出資のもと、英ワーキング・タイトルとシューボックス・フィルムズが製作にあたる本作は、現在ハンガリーのブタペストで撮影が進行中で、公開日は未定だが、北米の配給をアマゾンが、フランス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス5か国での配給をスタジオカナルが手がけることがすでに決まっているという。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi