阿部寛が江戸の荒波でサーフィン!「のみとり侍」“笑撃”のビジュアル披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月23日 > 阿部寛が江戸の荒波でサーフィン!「のみとり侍」“笑撃”のビジュアル披露
メニュー

阿部寛が江戸の荒波でサーフィン!「のみとり侍」“笑撃”のビジュアル披露

2018年3月23日 05:00

チラシ中面にデザインされた「波乗り寛之進」「のみとり侍」

チラシ中面にデザインされた「波乗り寛之進」
(C)2018「のみとり侍」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 名匠・鶴橋康夫監督の最新作で阿部寛が主演を務める時代劇映画「のみとり侍」の“笑撃的”なチラシビジュアルが、お披露目された。あわせて追加キャストが発表され、落語家の笑福亭鶴光が平賀源内、ジミー大西が呉服問屋・望月屋秀持、オール阪神が香具師の元締・根津屋文吾として出演していることがわかった。

歴史小説の第一人者・小松重男の傑作短編集「蚤とり侍」を基に、「後妻業の女」などの鶴橋監督が脚本を執筆し映画化。越後長岡のエリート藩士・寛之進(阿部)は藩主の機嫌を損ねてしまい、江戸の裏稼業・猫の“のみとり”を命じられる。のみとりとは、客の飼い猫の蚤(のみ)を取り除き日銭を稼ぐ仕事だが、その実態は「床で女性に愛をお届けする」という裏稼業。ほどなくして寛之進は、亡き妻に瓜二つの女・おみね(寺島しのぶ)と運命的な出会いを果たし、初の“のみとり相手”を得る。


寺島しのぶら主要キャストも浮世絵風に!「のみとり侍」

寺島しのぶら主要キャストも浮世絵風に!
[拡大画像]

既出のティザービジュアルでは、日本を代表する浮世絵師・東洲斎写楽による「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」に着想を得て、コミカルに目を寄らせる寛之進をとらえたデザインが話題に。今回お披露目されたチラシビジュアルでは、その再現度の高さを表すべく、実際の「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」も掲載された。また阿部だけでなく、寺島、豊川悦司斎藤工風間杜夫大竹しのぶ前田敦子松重豊、桂文枝といった主要キャストも浮世絵風に加工されており、強烈なインパクトを放っている。

特にユニークなのは、チラシの中面で確認できる「波乗り寛之進」のビジュアルだ。江戸時代後期の浮世絵師・葛飾北斎が手がけた名所浮世絵揃物「富嶽三十六景」の1図である「神奈川沖浪裏」をオマージュしており、ダイナミックな荒波の上で、寛之進が猫と一緒にサーフィンに興じている姿を活写。時代の荒波に翻ろうされながらも、侍としての生き方を貫き、江戸のビッグウェーブを乗り越えていく寛之進を表現しており、おかしくも意味深い仕上がりになっている。

のみとり侍」は、5月18日から全国で公開。

(映画.com速報)
後妻業の女 Blu-ray通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 後妻業の女 Blu-ray通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,818 直木賞作家・黒川博行の「後妻業」を、大竹しのぶと豊川悦司の共演で映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi