ルーカス・ヘッジズ、シャイア・ラブーフの自伝的映画に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月20日 > ルーカス・ヘッジズ、シャイア・ラブーフの自伝的映画に主演
メニュー

ルーカス・ヘッジズ、シャイア・ラブーフの自伝的映画に主演

2018年3月20日 11:00

ルーカス・ヘッジズとシャイア・ラブーフ「レディ・バード」

ルーカス・ヘッジズとシャイア・ラブーフ
写真:Shutterstock/アフロ、
Photo by J. Merritt/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」(2016)でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたルーカス・ヘッジズが、新作「Honey Boy(原題)」でシャイア・ラブーフと共演することがわかった。

米ハリウッド・レポーターによれば、本作は子役のオーティス・ロート(ヘッジズ)と、犯罪に手を染めるアルコール中毒の父ジェームズ(ラブーフ)が、悪化した親子関係を修復していく10年間を綴る物語。

ブラックリスト(映画化されていない優秀脚本リスト)に選出された本作は、ラブーフが自身の体験をもとに脚本を執筆した自伝的作品で、オーティス役は子役出身の自分を重ねて描いたキャラクターだという。「LoveTrue(原題)」「Bombay Beach(原題)」のアルマ・ハレル監督がメガホンをとり、ロサンゼルスで撮影が行われる予定だ。

ラブーフは、ビョルン・ボルグとジョン・マッケンローという、テニス史を代表する宿命のライバルを描いた新作「Borg vs McEnroe(原題)」でマッケンロー役を演じ、トロント国際映画祭で高く評価された。同作は4月13日より全米公開。

ヘッジズは賞レースを沸かせた新作「スリー・ビルボード」「レディ・バード」に出演。また、ジョエル・エドガートンの監督第2作「Boy Erased(原題)」に主演しており、ラッセル・クロウニコール・キッドマンと共演している。同作は、9月28日全米公開の予定。

(映画.com速報)
マンチェスター・バイ・ザ・シー[Blu-ray/ブルーレイ] マンチェスター・バイ・ザ・シー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 「ジェシー・ジェームズの暗殺」「インターステラー」のケイシー・アフレックが主演し、心を閉ざして孤独に生きる男が、兄の死をきっかけに故郷に戻り、甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく姿を描いたヒューマンドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi