マドンナ、シエラレオネ出身の黒人バレリーナ、ミケーラ・デプリンスの半生を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月15日 > マドンナ、シエラレオネ出身の黒人バレリーナ、ミケーラ・デプリンスの半生を映画化
メニュー

マドンナ、シエラレオネ出身の黒人バレリーナ、ミケーラ・デプリンスの半生を映画化

2018年3月15日 11:00

マドンナと黒人バレリーナ、 ミケーラ・デプリンス「ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋」

マドンナと黒人バレリーナ、
ミケーラ・デプリンス
Photo by Taylor Hill/FilmMagic、
Photo by Stephen Lovekin/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マドンナが、アフリカ・シエラレオネ出身の若手バレリーナ、ミケーラ・デプリンスの半生を映画化する「Taking Flight(原題)」の監督を務めることがわかった。

デプリンスは、内戦下のシエラレオネで孤児となり、4歳のときにアメリカの養父母に引き取られた。実父は射殺され、実母は餓死したとされる。孤児院時代には、皮膚疾患のせいで「悪魔の子ども」と呼ばれていじめられたが、渡米してからバレエを始めてその才能を開花させた。アメリカン・バレエ・シアター付属バレエ学校を卒業後、ダンス・シアター・オブ・ハーレムを経て、現在はオランダ国立バレエ団のソリストとして活躍している。

米ハリウッド・レポーターによれば、MGMが2015年に映画化権を獲得した自伝「Taking Flight: From War Orphan to Star Ballerina(原題)」(14)をもとに製作。カミラ・ブラケット(「フアン家のアメリカ開拓記」「New Girl ダサかわ女子と三銃士」)が脚色を手がける。

マドンナが監督を務めるのは、「ワンダーラスト」「ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋」に続き、3度目となる。

(映画.com速報)
ワンダーラスト[DVD] ワンダーラスト[DVD] 最安価格: ¥1,458 世界で最も成功した女性の一人、マドンナが自らの半生をモチーフに脚本を書いた自伝的映画。
ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋[DVD] ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋[DVD] 最安価格: ¥3,283 マドンナの監督第2作。1930年代、「王冠を賭けた恋」として世間を騒がせた英国王エドワード8世とその妻ウォリス・シンプソンのロマンスと、現代ニューヨークに暮らすひとりの女性の物語を交錯させて描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi